「史上最長政権」でも首相の表情が晴れない理由

「桜を見る会」疑惑で浮上する「桜解散」説

政府与党としては来年1月1日発効が前提となる日米貿易新協定の会期内成立を最優先し、臨時国会を会期通りの12月9日に閉幕させて、その後は安倍首相の訪中と訪印、10兆円規模とされる今年度補正予算案と来年度予算案の年内編成に全力を挙げることで、事態の鎮静化を図る構えだ。

ただ、過熱化するメディア取材の現状などから、「当分は国民レベルでの首相批判も収まらないのでは」(官邸筋)との不安も拭えない。「桜を見る会」の招待者に関して、省庁別の推薦者名簿は保存されており、19日の閣議後会見でも、一部閣僚が「求めがあれば適切に公開する予定だ」と述べたことも、問題長期化の要素になりそうだ。

飛び交う年明けの「桜解散」説

これまでの安倍政権のスキャンダルでは衆院解散説が野党側への牽制効果が大きかったのは事実。このため、今回も「通常国会冒頭で補正予算を処理したうえでの1月下旬解散・2月中旬総選挙」という、いわゆる「桜解散」説も国会内で飛びかう。

ただ、次期衆院選での野党共闘の指南役を自任する国民民主党の小沢一郎氏は18日夜、「年明けの解散・総選挙がささやかれている今日において、(野党結集は)急務だ」と強調する一方、主要野党リーダーの立憲民主党の枝野幸男代表も「こちらが解散に追い込む」と語るなど、「今回は牽制になっていない」(自民幹部)のが実態だ。

今年4月13日に開催された桜を見る会で安倍首相は、令和改元を踏まえて「平成を 名残惜しむか 八重桜」「新しき 御代(みよ)寿(ことほぎ)て 八重桜」と自作2句を披露して会場を沸かせた。

その時点では半年後のピンチなど夢想もしなかったはずだが、今や永田町で首相の「五輪花道論」も取りざたされている。「結果的に、首相にとってあれ(今年の桜の会)が最後の晴れ舞台になるかも」(自民長老)との声も出始めている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT