「史上最長政権」でも首相の表情が晴れない理由

「桜を見る会」疑惑で浮上する「桜解散」説

こうした動きに対し、安倍首相は18日、「国会から求められれば、説明責任を果たすのは当然だ」としながらも「国会対応は自民党にすべてお任せしている」と返答。同日夕、森山裕自民党国対委員長は「所管する内閣委員会で議論すべきだ。参考人招致もあまり前例がない」などとして野党要求を事実上拒否した。

今回の安倍首相らの対応について、与党内には「役に立つはずだった早期幕引き策には、誤算が生じている」(自民幹部)との不安が広がる。

問題発覚後の各メデイアが実施した世論調査でも、「桜を見る会」での首相の説明に「納得できない」が7割近くに達し、内閣支持率は1~6ポイント低下、不支持率も数ポイント上昇した。首相周辺も「こんな状態が続けば、年末に向けてさらに支持率が低下する」と焦りの色を隠さない。

国会審議は与党の防戦一方に

市民団体は18日、桜を見る会について公選法違反などの疑いで安倍首相を東京地検に告発する方針を決定。その一方で、首相の地元・下関市の前田晋太郎市長は18日、「(桜を見る会は)70歳、80歳のおじいちゃん、おばあちゃんたちがうれしそうに新宿御苑に向かう。ものすごく地元に勇気を与えてくれる会と思っている」と擁護した。同市長は安倍首相の元秘書で、政界では「身内が地元有権者の接待を認めた格好で、ひいきの引き倒しだ」(自民幹部)との声も出る。

鳩山由紀夫元首相は18日夜、自身のツイッターで人気女優の沢尻エリカ容疑者が逮捕されたことに絡めて、「政府のスキャンダルを覆い隠すのが目的」と投稿。さらに、「私も主催したが、前年(麻生太郎内閣)より招待客を減らしている。安倍首相は私物化しすぎているのは明白である」と書き込むなど場外乱闘も始まった。

こうした政局混乱を受け、憲法改正実現に向けて今臨時国会中の成立が期待されていた国民投票法改正案の衆院憲法審査会での審議も停滞。自民党の二階俊博幹事長は18日、「できることから順番にやればいい。別に焦る必要はない」と述べ、今国会成立にこだわらない考えを示すなど、国会運営でも与党が防戦一方となっている。

次ページ首相外遊、補正予算で沈静化を図る
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT