伊藤忠が4年ぶりに「商社首位」を奪還する理由

ライバル・三菱商事子会社の不正で逆転か

4年ぶりの総合商社首位を目指す伊藤忠商事(撮影:梅谷秀司)

「4年ぶりに三菱商事を抜き、首位になれるかもしれない」

総合商社2位・伊藤忠商事の社内が活気づいている。総合商社首位・三菱商事の2019年4~9月中間期決算が発表された11月6日、伊藤忠の岡藤正広会長CEOは全社員にメールで次のようなメッセージを発した。

「ONE ITOCHU となってトップを目指そう」

社員たちは「結束して三菱商事を追い抜こう」というメッセージだと受け止めた。

2019年度上期の商社1位は伊藤忠

伊藤忠が11月1日に発表した2019年4~9月中間期の純利益は、前年同期比12%増の2891億円。三菱商事が6日に発表した2019年4~9月中間期の純利益は前年同期比21.6%減の2424億円(いずれもIFRS)。つまり伊藤忠のほうが400億円強上回っており、2019年度上期時点では伊藤忠が総合商社ナンバーワンの純利益を稼ぎ出した。

2019年度通期の純利益は、三菱商事が5200億円と伊藤忠の5000億円を上回る見通しになっている。だが、伊藤忠は「300億円の(利益上振れの)バッファーを持っている」(鉢村剛CFO)と公言。通期でも伊藤忠商事が首位に立つ可能性がある。

もし実現すれば、首位逆転は4年ぶり。三菱商事など総合商社各社が資源安に苦しみ、赤字を計上したとき以来のこととなる。

だが、この逆転は伊藤忠商事の業績が急拡大するからというよりも、三菱商事の減益幅が大きいために生じるものだ。特に、グループ会社の不正取引による損失が三菱商事の足を引っ張っている。

次ページ不正取引はシンガポールで起きた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • iPhoneの裏技
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。