大学入試改革「炎上」の裏に潜むもう1つの火種

英語のみならず数学と国語でも民間試験導入

新学習指導要領による主な変更点は以下のとおり。

●学習指導要領自体が、「何を教えるか」を示すものから「何ができるようにすべき
か」「何をどのように学ぶべきか」までを示すものに変質した
●授業時間数は1977年に改定された学習指導要領と同レベルに戻った
●各教科の目的においては、(1)生きて働く知識・技能の習得、(2)未知の状況にも対応できる思考力・判断力・表現力等の育成、(3)学びを人生や社会に活かそうとする学びに向かう力・人間性等の涵養の3つの観点で整理した
●主体的・対話的で深い学び(いわゆるアクティブ・ラーニング)を促進する
●小学校で外国語教育が教科化され、プログラミング的思考の育成が盛り込まれた
●小学校・中学校で道徳が教科化され、検定教科書が導入されることになった
●高校での教科・科目再編。「情報Ⅰ」を新設し、プログラミングなどを必修化。公民科の「現代社会」に代えて「公共」を新設。共通教科として「理数探究」を新設

そのほか高校では、国語科を「現代の国語」「言語文化」「論理国語」「文学国語」「国語表現」「古典探究」に再編、地理歴史科を「地理総合」「地理探究」「歴史総合」「日本史探究」「世界史探究」に再編するなど科目の再編が多数行われる。

それにあわせて大学入試改革もさらに推し進められる予定であり、主な検討のポイントは以下のとおり。

●「大学入学共通テスト」の英語をなくし、英語民間試験に完全移行する
●「大学入学共通テスト」の国語の記述式問題の解答の文字数を増やす
●「大学入学共通テスト」の地理歴史・公民分野や理科分野等に記述式問題を導入
●「大学入学共通テスト」の複数回実施
●「高校生のための学びの基礎診断」の本格実施
次ページ「高校生のための学びの基礎診断」とは何か?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT