親の介護問題から目を背け続けた56歳男の後悔

悩みは仕事との両立や金銭、夫婦関係にも及ぶ

父は入居直後、ほかの入居者とけんかするなどトラブルが続いた。息子の斉藤さんを父の弟の名で呼び、「家に帰りたい」と訴えたこともあった。「父は不本意だったと思うが、施設に入った以上、そこで生活しなければと我慢させたのでは」(斉藤さん)。 

入居から2年が経とうという頃、認知症初期の険しい表情がなくなり、徐々に食が細くなっていった。ある日、会いにいくと、父は「もう、いいよな」とつぶやいた。それからはほぼ食事をせず、1カ月後に亡くなった。

斉藤さんは父の介護をこう振り返る。「突然、介護が自分事になったと感じたが、実際にはじわじわと始まっていたはず。怖いからギリギリになるまで目をつぶっていた。父の変化から目を背けず、希望を聞き、元気な頃から家族で話し合いをしていればよかった」。

半数近くが仕事との両立に悩み

『週刊東洋経済』は10月21日発売号で「介護大全」を特集。介護経験者のリアルな声をもとに、介護の資金繰りやサービス、施設選びなど、悩みや不安の解消策を検証した。

同号ではメールマガジンを通して、親の介護に関するアンケート調査を実施(3640人が回答)。そこで現在、親を介護している人に苦労を尋ねたところ、精神的、身体的な負担が大きいと答えた人が多かったほか、半数近くが仕事との両立に悩んでいることがわかった。

また介護未経験者に将来の介護の不安を聞くと、6割以上が費用面への不安があると回答。さらに仕事との両立、家族の役割分担への心配も大きいことが明らかになった。

アンケートには、親の介護に直面した人たちの切実な声が寄せられた。とくに多かったのが、在宅介護や遠隔介護の悩み。身体面や精神面の負担以外にも、時間のやりくりや実家までの交通費など、現実的な課題を多く抱えることがわかった。5年間、東京と岐阜で遠距離介護を続けた自営業の男性は、「平日に働く日数が半分に減り、収入は大きく落ちこんだ。でも今親孝行しないでいつするかという気持ちで続けた」と振り返る。

次ページ夫婦や兄弟・姉妹関係に影響も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT