VW「シャラン」が乗りやすくて機能的なワケ 

日本車勢とひと味違うドイツ流ミニバン

フォルクスワーゲン・シャランの機能面や品質、走りの快適さなどを徹底解析(写真:LEON編集部)
クルマはライフスタイルを拡張してくれる道具だ。そんな当たり前のことを、実直に上質に仕上げたクルマは改めて教えてくれる。今回はフォルクスワーゲンのシャランにフォーカスする。

本質的な上質を追求したミニバン

高級車というと、大きなセダンや高性能クーペというのが、通り相場かもしれない。でも上質という点からすると、ミニバンもなかなか魅力がある。

上質というのは、生活の送り方のこと。ゴルフや最近またはやりの感のあるキャンプ、さらにマリンスポーツやスノースポーツなど、さまざまな楽しみを持つライフスタイルはいいものだ。

本記事はLEON.JPの提供記事です

それにぴったり合うのは、積載量の大きさなど、機能性の高いミニバンなのだ。ここで紹介するのは、2019年10月発売のフォルクスワーゲン・シャランTDI Highline(ハイライン)だ。

これまで日本では1.4リッターガソリンモデルが導入されていたが、全長4855ミリもある車体なので、正直いって走りはいま一つ。もったいないなあと思っていたところに、今回の2リッターターボディーゼルの追加という朗報である。

言っておくと、そう派手なクルマではない。クロームパーツの使用量は抑えられているし、車体色もダークな無彩色系が多いし、シート表皮の色もダーク系。ひとことで言って、目立つために乗るクルマではない。

機能主義的なスタイリングはいい意味で道具感たっぷり(写真:LEON編集部)

なのにあえて、これいいのでは、と推したいのは、クオリティーの高さゆえだ。かゆいところに手が届く装備の面では、日本車に軍配が上がる。でもドアの建て付け、シートの作り、さらに各部の作動など、実にかっちりしている。

操舵感覚は軽薄さがなく、ステアリングホイールの適度な重さもいいし、切ったときの車体の動きも、ミニバンとは思えないほど反応がよい。ごく低回転域でもしっかり力を出すディーゼルエンジンの恩恵もあり、ふつうの速度で気分よく走れるのだ。

次ページ超がつくようなパワフルさはないが…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • コロナショックの大波紋
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。