VW「シャラン」が乗りやすくて機能的なワケ 

日本車勢とひと味違うドイツ流ミニバン

1968ccの排気量を持つターボディーゼルユニットは、130kW(177ps)の最高出力と、380Nmの最大トルクを発揮する。これに6段ツインクラッチ(2ペダル)変速機が組み合わされ、駆動方式は前輪駆動である。

高速を使う機会が多い人にはぴったりなクルマ

いま日本におけるフォルクスワーゲン車のディーゼル比率は5割と高く、モデルによっては7割を超えるという。面白いのは、ひとことでディーゼルと言ってもメーカーによって個性があることで、フォルクスワーゲン・シャランの場合は、この車体によく合っているところが魅力だ。

超がつくようなパワフルさはなく、ガソリンエンジンのスムーズさにはいま一つ届かないまでも、力は実用上十分で、いちど速度に乗ると静かで、かつアクセルペダルへのレスポンスのいい走りである。

中間加速といって、高速道路などで加速するときは、1500rpmから上なら瞬発力もある。本当は可変ターボとかツインターボだと、もっとスポーティーになるだろうけれど、加速のクセをつかめば十分速く走れると思う。

乗り心地も快適志向で、路面の凹凸はよく吸収しつつ、ふわふわとしたところも感じられなかった。高速では路面に張り付くように走る。風切り音も路面とタイヤがこすれて起こるノイズも、低めに抑えられている。乗員は快適なドライブが楽しめるだろう。

旅行やゴルフなどで高速を使う機会が多い人は、とりわけこのクルマが好きになれそうだ。実用燃費に近い計測方法による「WLTC」モードによる高速燃費は15キロを超えるのも大きな魅力だろう。

次ページミニバンとしての機能面ではしっかり設計されている
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT