誠品書店は「日本が学ぶべき店」と断言する理由

単なる「オシャレな書店」や「雑貨屋」じゃない

一例として、茶籽堂という台湾のスキンケアブランドがあります。1992年に創業、台湾独自の茶の実を使った洗剤から出発した企業ですが、現在は2代目・趙文豪社長が事業を継承、2004年からは新たなスキンケア商品を作り出し、同社は高いブランド価値をもつようになっています。

「価値のあるものを売れるようにしていく」という創造性

特筆されるのは、同社が地域再生や安定的な農村経営などにも積極的に関与し、現在宜蘭地域の農村で耕作放棄地を借り上げて、独自の椿油生産にも乗り出している点です。

実は、私も先日、現地を訪問してきましたが、地域コミュニティーとの協業を極めて重要視しており、それを2030年に向けた企業ブランディングの礎にしていこうとしています。

誠品グループは、このように、地域再生にも寄与する「メイドイン台湾」メーカーを、資金面や積極的な出店機会提供などを通じて、積極的に成長させる役割を果たしています。

ひるがえって日本では、残念ながら、その時々はやっているベストセラーの本や商品しか置いていない店が大半です。育てるのではなく、刈り取るのが商業という視点で地域の商業施設の多くがテナントを入れてしまっているがゆえに、どこの地域にいっても金太郎飴のように同じような店しか入っていない商業施設ばかりになっています。

しかし、誠品グループは「売れているものを売る」のではなく、「価値のあるものを売れるようにしていく」という創造的な商業を行っているわけです。その育成に必要な資金なども拠出するインキュベーション(孵化させる)的な方法論などについて、日本も学ぶべきことが多いはずです。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT