部下の褒め方「下手な上司」「上手な上司」の大差

新人ならどんな小さな実績も褒めてやるべき

しかし、一般に人が感動を覚えるのはプロセスの努力に対してであり、結果で感動するということは、よほどでない限りありません。

上司も人の子、ついついプロセスの努力のほうに目が行ってしまうのはやむをえないところです。

ただ、プロセスの努力ばかりに注目していると、せっかく結果を出している結果重視タイプが浮かばれないことになります。概して、プロセス重視タイプは「頑張ったね」と言われたほうがよく、結果重視タイプは「よくやった」と言われると喜ぶとされます。

褒め方の教育的効果

部下のタイプと同時に気にかけるべきことがあります。それは褒め方による教育的効果の違いです。部下が新人の場合には、まず自信をつけさせたい。そのためには小さな成果でも、それを実績と認めてやることが大切です。

<文例C 自信をつけさせたいときのメール>
今回の成果は金額こそ小さいものの、クライアントに大変喜ばれた。
われわれの仕事は、すべてクライアントに信頼されることから始まる。
君は今回の仕事で、その貴重な信頼を得た。おめでとう。私も誇らしい。

新人には、まずは実績を認めること。次に、仲間として当てにしている存在と伝えること。それが自信のきっかけとなります。一方、さらに成長することが期待される部下には、実績はすでにありますから、実績よりもチャレンジを求めます。

<文例D さらなる成長を期待するときのメール>
おめでとう。今回の成果は、金額よりも君のチャレンジングな行動に感心した。
君が挑戦してくれなければ、うちの部は結局これまでと同じような仕事しかできなかっただろう。
君の今回の仕事で、うちの部はまだまだ伸びる余地があることを知った。
ありがとう。

さらに伸びてほしい部下には、チャレンジした結果よりも、チャレンジした事実に重心を置いて褒めるほうが効果的です。

アルファポリスビジネスの関連記事
意外と難しい、部下や同僚の印象を上げるメールの書き方
できるビジネスパーソンが必ずやっている「催促メール」の上級スキル
メールの「CC」で陥りやすいミス
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。