米家賃、ハイテク中心地が突出して上昇

サンフランシスコの平均家賃は3350ドル

2月6日、米不動産会社トゥルリアが発表したリポートで、米国のハイテク中心地の家賃上昇ペースが他地域に比べて早いことが裏付けられた。米カリフォルニア州サンフランシスコで2012年5月撮影(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

[サンフランシスコ 6日 ロイター] -米不動産会社トゥルリア が6日発表したリポートで、米国のハイテク中心地の家賃上昇ペースが他地域に比べて早いことが裏付けられた。

リポートによると、1月の家賃上昇率は、全米100の大都市圏で3.3%、サンフランシスコやサンノゼを含む10のハイテク中心地は5.7%だった。

トゥルリアは、ハイテク中心地の家賃上昇ペースが早い理由として、多くの地域で新築住宅の建設が不足していることや、もともと家賃が高水準だった地域にハイテク業界が進出したことなど様々な要因を指摘した。

寝室2つの一般的な住宅に対して貸主が要求する家賃の平均は、他の大都市圏で1504ドルだったのに対し、ハイテク中心地では2053ドルと、3割以上高くなっている。

最も上昇率が高かったのはサンフランシスコの12.3%で、平均家賃は3350ドルだった。

市内ではここ数カ月、高額の報酬を受けとっているハイテク企業関係者のせいで立ち退きが増加したり家賃が上昇したりしているとして、ハイテク企業の通勤バスに対する発車妨害などの抗議行動が起きている。

これに対し、一部ハイテク企業の創業者などは、会社の設立によって雇用が創出されたとして、抗議は不当と反論している。

このほかに家賃上昇ペースが速かった地域としては、サンディエゴ、オースティン、シアトルなどが挙げられている。

人気記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。