ホンダ「CR-V」の失速が映す国内販売の深刻問題

SUVブームなのに古いミニバンより売れてない

マザーマーケットでのブランド力復活やSUVブームの需要を取り込むために、CR-Vは日本に戻ってきたはずだったが…(撮影:大澤誠)

昨年夏に2年ぶりの国内復活を遂げたホンダ「CR-V」が早くも失速している。

日本自動車販売協会(自販連)が9月5日に発表した、今年8月の乗用車ブランド通称名別販売台数ランキング(軽自動車除く)でCR-Vはトップ50位に食い込めなかった(50位はトヨタ自動車「エスティマ」の627台)。本格的な販売が始まった昨年9月から今年6月までは同ランキングにおいて単月32~48位の間で推移していたが、今年7~8月は上位50車種のランク圏外に沈んでいる。

当初の月販計画を上回ったとはいえ…

この1年での販売は約1万6800台と月平均にして1400台ほどで、当初の月販計画1200台を上回った。とはいえ、月平均では同クラスの中型SUV(スポーツ多目的車)であるトヨタ自動車「RAV4」の4分の1以下、SUBARU「フォレスター」の半分以下と水準自体はパッとしない。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

今年6月以降のCR-Vの国内販売は、2017年に一部改良したものの、現行モデルの発売から6年近くが経つホンダのミニバン「オデッセイ」、2006年から現行モデルを販売し、今年10月に生産終了すると伝えられているトヨタのミニバン「エスティマ」すら下回っている。どんな車でも発売直後は新車効果で売れる。CR-Vの失速もその一巡ではあるが、直近の落ち込み幅は小さくない。

1995年にデビューしてから20年以上、世界的に見ればCR-Vはホンダのエース車種だ。世界でトレンドの中型SUVとして、とくにアメリカで競争力を持つ。アメリカでは、2018年約38万台を販売し、昨年SUVの販売台数首位を獲得したトヨタ「RAV4」(約42万台)と張り合う。

次ページ日本市場から一度撤退したCR-V
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。