日経平均株価、下値のメドは?

先物1万4000円割れ、ドル円は一時100円台

DZNフィナンシャルリサーチ・日本株情報部アナリスト東野 幸利氏 「もし下落加速なら、下値メドは1万3110円」

2010年以降、日経平均株価の大きな下落局面は4度あり、その下落幅の平均値は2170円だった。仮に昨年の終値1万6291円からこの平均値を差し引くと、1万4121円となる。つまり、水準感で見れば現在の株価は、過去の大きな下落の平均値までほぼ達したということになる。

もし、ここから下げが加速した場合の下値のメドはどうなるか。一つの考え方としては、一目均衡表の値幅論からのアプローチがある。すなわち、昨年5月高値から6月安値までの下げ幅は3181円(終値ベース)だった。昨年末の終値である1万6291円からこの値幅を差し引くと、1万3110円となり、この価格が意識されそうだ。日経平均株価が昨年底値固めをした水準であり、この価格を大きく下回ることは現時点では考えにくい。当面は7日の米国の雇用統計などの重要指標もあり見通しにくいが、1万4000円を大きく割り込むことなく、その後ゆっくりと1万5000円に向かって反発していく展開になるのなら、日経平均の先高感が次第に台頭する可能性も捨てないでおきたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。