上客を「ゆるキャラ」「甘い客」と呼ぶ郵便局員

あなたの親も狙われているかもしれない

「こんにちは、郵便局でーす!」と声をかけると何の疑いもなくハンコを持って玄関に現れる高齢者も、「甘い客かも」と局員に思われる。郵便局員への信頼度の高さがあからさまにわかるからだ。もしかしたら認知症かな?と思われる高齢者も「甘い客」になりうる。重度の認知症の高齢者から契約を取れば、後々、家族とトラブルになるのは目に見えている。

家の中が散らかっているのも「甘い客」の特徴なのだそうだ。散らかっているから家に上げようとせず、玄関先で済まそうとする。だから「即決」しやすい。逆に、局員を家に上げて食事を振る舞う高齢者も「甘い客」になる可能性が高い。「話し相手になればいくらでも保険を契約してくれそう」(ある局員)だからだ。

郵便局の定額貯金や簡易保険でお金が増えた成功体験を持っているのも「甘い客」の条件だ。「郵便局員の勧める金融商品は儲かるに違いない」と早合点してくれるからだ。

「甘い客」と判断する8つのポイント

局員の話を総合して『週刊東洋経済』は特集「かんぽの闇 金融商品の罠」において郵便局員が訪問先で注目するポイント8項目のチェックシートを作成した。「3つ以上が該当すれば『甘い客』確定。2つなら『甘い客』候補、1つでも用心が必要だ」(別の局員)。

これで「甘い客」が自分の親に当てはまるならば、今すぐ実家で、かんぽの書類がないかをきちんと確認したほうがいい。いくつもの保険証書や契約書が出てくるかもしれない。その中には、子どもの自分がサインや捺印をした覚えのない保険もあるかもしれない。

ただ、保険証書を見つけ郵便局やかんぽ生命に連絡しても、まともに取り合ってくれないだろう。その場合には、金融庁に直接届け出るか、金融ADR(裁判外紛争解決手続き)の裁定審査会に足を運ぶのが賢明だ。

『週刊東洋経済』8月31日号(8月26日発売)の特集は「かんぽの闇 金融商品の罠」です。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT