タタ・モーターズ、4年ぶり新モデル発表

低迷するインドの国内販売テコ入れへ

2月3日、インドのタタ・モーターズは4年ぶりに小型車の新モデルを2種類発表した。国内販売の巻き返しを図る。写真は2013年5月、ムンバイで撮影(2014年 ロイター Vivek Prakash)

[ニューデリー 3日 ロイター] - インド最大手の自動車メーカー、タタ・モーターズは3日、4年ぶりに小型車の新モデルを2種類発表した。海外メーカーとの競争激化で減少する国内販売の巻き返しを図る。

インド自動車業界団体によると、タタの4─12月の国内販売は前年比37%減少。今年度(2014年3月31日までの1年)の業界全体の販売が2年連続の減少が見込まれる中、最も落ち込みが激しい。

金利や燃料コストの上昇が販売低迷の原因。そうした状況の挽回を目指し、タタは今回、販売の大半を占める小型自動車市場にハッチバックの「ボルト」とセダンの「ゼスト」を投入する。

両車種は5日に報道公開が始まるインド自動車ショーで披露される。

乗用車部門の責任者アンクシュ・アローラ氏は「市場の観点に立つとコンパクトセダンとハッチバックは明らかに最大のチャンスをもたらす」と語った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT