タタ・モーターズ、4年ぶり新モデル発表

低迷するインドの国内販売テコ入れへ

2月3日、インドのタタ・モーターズは4年ぶりに小型車の新モデルを2種類発表した。国内販売の巻き返しを図る。写真は2013年5月、ムンバイで撮影(2014年 ロイター Vivek Prakash)

[ニューデリー 3日 ロイター] - インド最大手の自動車メーカー、タタ・モーターズは3日、4年ぶりに小型車の新モデルを2種類発表した。海外メーカーとの競争激化で減少する国内販売の巻き返しを図る。

インド自動車業界団体によると、タタの4─12月の国内販売は前年比37%減少。今年度(2014年3月31日までの1年)の業界全体の販売が2年連続の減少が見込まれる中、最も落ち込みが激しい。

金利や燃料コストの上昇が販売低迷の原因。そうした状況の挽回を目指し、タタは今回、販売の大半を占める小型自動車市場にハッチバックの「ボルト」とセダンの「ゼスト」を投入する。

両車種は5日に報道公開が始まるインド自動車ショーで披露される。

乗用車部門の責任者アンクシュ・アローラ氏は「市場の観点に立つとコンパクトセダンとハッチバックは明らかに最大のチャンスをもたらす」と語った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。