50代後半の6割が「親の預貯金を知らない」現実

親の財産を管理している人は2割弱~3割強

それでは、親の財産管理のために、実際に子どもはどのような制度を利用しているのでしょうか。現在、親が認知症と診断されている55~69歳の男女共に「いずれも利用していない」が9割強で、「成年後見制度や家族信託を利用している」(「法定後見制度を利用している」+「任意後見制度を利用している」+「家族信託を利用している」)は、男性8.7%・女性9.7%と1割弱でした(下図)。

制度利用が進まないのはなぜ

親が認知症と診断される以前には、それなりに成年後見制度や家族信託の制度について利用の意向はあるにもかかわらず、現実に制度利用が進んでいないのはなぜでしょうか。男女共に「利用する必要性を感じないから」が男性32.1%・女性33.9%と最も高く、「よく知らないから」は男性22.1%・女性18.8%と続いています(下図)。

政府は6月に「共生」と「予防」を両輪とした認知症施策推進大綱を打ち出しました。今後、認知症になっても希望を持って日常生活を過ごせる社会を目指すこと、また認知症の発症を遅らせ、認知症になっても進行を緩やかにすることが重視されます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT