鉄道模型大手「KATO」が新工場、何を造るのか

埼玉県内、3万㎡超の広大な土地に建設

北側の約3万2000㎡は長らく遊休化していたが、15億4500万円でカトーに売却されたのは昨年3月のこと。約1年強かけて開発許可を取得、6月に着工と相成ったらしい。

現場の工事スタッフによれば、新たに建設する工場は来年末頃の竣工予定で、既存2工場を移転集約するのではなく、3つ目の工場になるという。

工事が進行中の場所。かつては養命酒製造の埼玉工場があった(筆者撮影)

倉庫だけでも建築面積が約3600㎡、延べ床面積で8000㎡強ある。工場部分が何階建てになるのかにもよるが、開発登録簿に載っている図面によれば、建築面積は約1万㎡なので、平屋でも1万㎡、倉庫と同じ3階建てなら3万㎡になる。

移転集約でなく3つ目の工場であることが事実なら、既存2工場に加え、その延べ床面積の1.6倍の生産拠点が誕生する。つまり延べ床面積は一気に2.6倍に増える計算になる。

新工場建設の狙いは?

今後の事業計画をぜひとも聞いてみたいと思い、文書で取材を申し込んだが、残念ながらまったく無反応。電話も広報担当につないでもらうことすら、かなわなかった。

ある模型業界関係者は「もし工場を新設するのであれば、考えられるのは海外向け製品の強化ではないか」と指摘し、中国生産のコスト上昇で各国の模型メーカーが苦戦する中、日本製は完成度も高く相対的に有利になるのではないかとの見方を示す。

カトーは今年、ドイツの高速列車「ICE4」のNゲージ製品を発売。日・独・英3言語の特別サイトも開設する力の入れようだ。さらに、最近になってイギリスを走る日立製高速列車「クラス800」の模型製品化も予告した。海外車両の製品企画には積極的だ。

新工場の建設で、鉄道模型のトップメーカーが目指す先はどこだろうか。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT