ベンツBクラス、乗ってわかった最新進化の神髄

このじわじわと来るよさに大人も納得する

メルセデスベンツBクラスには、ハッチバック好きの大人を納得させる、じわじわとくるよさがあります(写真:LEON編集部)
ハッチバックはおそらくクルマ好きの遍歴のなかで最も多く乗られるクルマだろう。メルセデスベンツBクラスには、そんな大人を納得させる、じわじわとくる良さがあるという。その詳細をリポートする。

これまでのノウハウが詰まった良質なハッチバック

私たちはハッチバックで育った。ミニだったり、プジョー306だったり、アウディA1だったり、フィアット500だったり……。もっと年齢が上にいくと、マツダ・ファミリアや、VWゴルフが身近にあったというひともいるだろう。

本記事はLEON.JPの提供記事です

メルセデス・ベンツ日本が2019年6月に発表した、新型メルセデス・ベンツBクラスに乗ったら、いまSUVに人気を奪われているというハッチバックも、まだまだ見るべきところがある、と確信させてくれる出来のよさだった。

後席とハッチゲートのウィンドウをプライバシーガラスにするのはオプション

7月に試乗できたのは、1.4リッター4気筒ガソリンエンジン搭載の「B180」だ。先代の2代目では同じ車名で1.6リッター搭載だったが、今回は排気量がダウンサイジングした。でも最高出力は90kW(122ps)から100kW(136ps)に上がっている。

次ページ3代目になったBクラスは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。