ベンツBクラス、乗ってわかった最新進化の神髄

このじわじわと来るよさに大人も納得する

ダイナミックセレクトというドライブモード切り換えが標準装備されている。コンフォート、エコ、スポーツ、それに7段ツインクラッチ式ギアボックスの変速タイミングやステアリングホイールのアシスト量が変えられる。

実際に運転したとき、最初はコンフォートで充分だと思った。だが、途中でスポーツを選んでみたところ、上のほうの回転域でよりしっかりとトルクが出て、パワフルさを感じさせてくれた。これは、エンジンによる楽しさを味わうのに最適だった。

速度が上がると、しっかりと踏ん張るサスペンションシステムと、重めだがダイレクトな感覚を保ちつづけるステアリングホイールとの連けいがたいへんよい。Bクラスは基本的な性能が高いのだと知れる。

全長は4425ミリでAクラスより5ミリだけ長い(写真:LEON編集部)

全長は4425ミリ(先代は4365ミリ)、全幅は1795ミリ(同1785ミリ)、全高は1565ミリ(同1540ミリ)と少しずつ大きくなっている。ホイールベースは2730ミリで先代より30ミリ伸びた。基本シャシーを共用するAクラスと同一だ。

最新技術もしっかり搭載された大人の一台

室内は空間的余裕がたっぷりある。後席はおとな2人に充分な広さだ。前席とのあいだのレッグルームやヘッドルームもたっぷりある。

ナビゲーションサービスなどで構成されるナビゲーションパッケージはオプション(写真:LEON編集部)

前席は、大きな液晶パネルを使ったMBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザーエクスペリエンス)のインフォテイメントシステムをはじめ、新しい機能が斬新な雰囲気をもたらしている。

64色に室内のアクセントカラーが変えられるアンビエントライトもオプションで用意されている。タービン型のエアアウトレットやドアトリムなどを効果的に彩っているのだ。

荷室は通常455リッターで後席のシートバックを倒すと1540リッターにまで拡大する(写真の左ハンドルは欧州仕様)(写真:LEON編集部)

使ってみると、なかなか楽しいものである。

Bクラスが”いまっぽい”クルマだと感じるポイントのひとつは、「メルセデス・ミーコネクト」だ。

スマート端末でドアの施錠と解錠が出来ることをはじめ、駐車位置検索、行きたい場所のデータを車載ナビゲーションに送れる「センド2カー」といった機能が使える。

次ページゆったりした気分で運転を楽しみたい世代に…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT