日韓関係悪化が影落とすJR「新型高速船」の針路

博多―釜山「クイーンビートル」来夏就航

7月29日にJR九州本社で開いた「クイーンビートル」就航日決定記者会見の様子。左からJR九州高速船の水野正幸社長、JR九州の青柳俊彦社長、デザイナーの水戸岡鋭治氏(記者撮影)

オリンピックイヤーの夏、真っ赤な「カブトムシ」が大海原に乗り出す。

JR九州グループで、日本と韓国を結ぶ高速船「ビートル」を運航するJR九州高速船は7月29日、新型船「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」を来年7月15日から博多―釜山航路に就航させると発表した。

クイーンビートルは、3つの胴体で構成され、安定性が高いという「トリマラン(三胴船)」。デザインは豪華クルーズ列車「ななつ星 in 九州」をはじめ、JR九州の車両の多くを手がけた水戸岡鋭治氏が担当する。

「トリマランは非常に安定した船で、玄界灘を渡るにふさわしい。広い船内を歩き回っての買い物やレストランでの食事など、船旅を楽しめるのではないかと非常に期待している」。JR九州の青柳俊彦社長は記者会見で、荒れやすい海として知られる玄界灘でも快適に航行ができるという新型船への想いを述べた。

一方で、日韓対立の深刻化は民間交流にも深い影を落とす。新型船は玄界灘と日韓関係悪化という荒波に立ち向かうことになる。

「船旅そのものを目的に」

JR九州が高速船ビートルの運航を始めたのは1990年。当初は博多―長崎オランダ村間に、翌1991年にはJRグループ初の国際航路として博多―釜山間に就航した。現在は同社から船舶部門を分社化したJR九州高速船が3隻のジェットフォイル(水中翼船)で博多―釜山間、対馬―釜山間を運航しており、クイーンビートルはこのうち1隻を置き換える。

真っ赤な「クイーンビートル」の外観イメージ(画像:JR九州高速船)

ジェットフォイルは博多―釜山間を3時間5分で結ぶが、クイーンビートルは3時間40分の予定。新型船を若干速度の落ちるトリマランとしたのは、日韓間でシェアを伸ばすLCC(格安航空)への対応がある。JR九州高速船の水野正幸社長は「(LCCとは)違う土俵で、スピードだけでなく船旅そのものが目的となるような快適性を提供し、サービスの競争に持ち込みたい」と語る。JR九州の観光列車とも共通する考え方だ。

次ページ定員は現行の2.6倍、500人超に
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。