日立、残された「上場4兄弟」はどこに向かうのか

売却か残留か、4つの子会社に「踏み絵」を迫る

7月29日に発表した2020年3月期の第1四半期(4~6月)決算では、くしくも親と子の明暗がくっきりと浮かび上がった。

日立製作所の第1四半期の決算説明会資料を見ると、今回からあえて上場4子会社と、親会社である製作所の決算数値を分けて記載。最高財務責任者(CFO)の西山光秋執行役専務は「社会イノベーションのコアである(日立製作所が手がける)IT、エネルギー、インダストリー、モビリティ、ライフまで5セクターの合計は増益だったが、上場子会社4社は市況影響が出て大きく減益となった」と総括した。

業績変動が激しい上場4子会社

実際、上場4子会社の第1四半期の調整後営業利益をみると、計測器や半導体装置、医用分析装置などを扱う日立ハイテクノロジーズが前年同期比13%減、建機大手の日立建機が同17%減、特殊鋼やネオジム磁石などを扱う日立金属が同65%減、電子・自動車部材や蓄電池が主力の日立化成が同36%減といずれもさんざんな成績だった。特に日立金属や日立化成は半導体やスマホ、自動車向けが減速した影響を大きく受けて後退した。

日立製作所全体の第1四半期決算は、調整後営業利益が前年同期比16%減の1243億円だった。そのうち、この4子会社の合計利益が34%減(前期は売却前の日立国際電気を含む)の497億円なのに対して、日立製作所が自ら手がける5セクター(IT、エネルギー、インダストリー、モビリティ、ライフ)の合計利益は3%増の746億円と対照的だ。合計利益額でも前年同期から親と子で逆転した。

上場4子会社は景気が上向きのときは業績がよくて親を支える一方、景気が悪くなるとすぐに業績が落ち込むなど、変動が大きい。今の日立はこうした変動リスクを避けるために、社会インフラなど安定した事業に特化しようとしている。

次ページ売却手続きが進む日立化成
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT