村田製作所、19年4-6月期営業利益は29.9%増

2020年3月期の通期業績見通しは据え置き

 7月31日、村田製作所は、2020年3月期の連結業績予想で営業利益を前年比17.5%減の2200億円に据え置くと発表した。写真は2017年10月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 31日 ロイター] - 村田製作所<6981.T>は31日、2020年3月期の連結業績予想で営業利益を前年比17.5%減の2200億円に据え置くと発表した。

また、19年4月─6月期の売上高は同3.5%増の3575億円、連結営業利益は同29.9%増の625億円、当期利益は同20.1%増の468億円となった。

スマートフォン向けの積層セラミックコンデサーの需要が低調だったものの、車載向けのコンデンサー販売が大きく伸び、コンデンサーの売上高は前年比8.9%増となった。

利益面では、製品価格の値下がり、減価償却費の増加など減益要因があったものの、高付加価値品の増加や為替変動の影響などにより、営業増益になった。

リフィニティブがまとめたアナリスト21人の通期営業利益予想は2516億円だった。

 

 

(田巻一彦)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。