村田製作所、19年4-6月期営業利益は29.9%増

2020年3月期の通期業績見通しは据え置き

 7月31日、村田製作所は、2020年3月期の連結業績予想で営業利益を前年比17.5%減の2200億円に据え置くと発表した。写真は2017年10月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 31日 ロイター] - 村田製作所<6981.T>は31日、2020年3月期の連結業績予想で営業利益を前年比17.5%減の2200億円に据え置くと発表した。

また、19年4月─6月期の売上高は同3.5%増の3575億円、連結営業利益は同29.9%増の625億円、当期利益は同20.1%増の468億円となった。

スマートフォン向けの積層セラミックコンデサーの需要が低調だったものの、車載向けのコンデンサー販売が大きく伸び、コンデンサーの売上高は前年比8.9%増となった。

利益面では、製品価格の値下がり、減価償却費の増加など減益要因があったものの、高付加価値品の増加や為替変動の影響などにより、営業増益になった。

リフィニティブがまとめたアナリスト21人の通期営業利益予想は2516億円だった。

 

 

(田巻一彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT