村田製作所、19年4-6月期営業利益は29.9%増

2020年3月期の通期業績見通しは据え置き

 7月31日、村田製作所は、2020年3月期の連結業績予想で営業利益を前年比17.5%減の2200億円に据え置くと発表した。写真は2017年10月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 31日 ロイター] - 村田製作所<6981.T>は31日、2020年3月期の連結業績予想で営業利益を前年比17.5%減の2200億円に据え置くと発表した。

また、19年4月─6月期の売上高は同3.5%増の3575億円、連結営業利益は同29.9%増の625億円、当期利益は同20.1%増の468億円となった。

スマートフォン向けの積層セラミックコンデサーの需要が低調だったものの、車載向けのコンデンサー販売が大きく伸び、コンデンサーの売上高は前年比8.9%増となった。

利益面では、製品価格の値下がり、減価償却費の増加など減益要因があったものの、高付加価値品の増加や為替変動の影響などにより、営業増益になった。

リフィニティブがまとめたアナリスト21人の通期営業利益予想は2516億円だった。

 

 

(田巻一彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT