YouTuber&ブロガーの決して楽じゃない懐事情

HIKAKINはどれくらい儲かっているのか

再生回数が多い動画の場合、1再生当たりの広告収入は0.1~0.2円程度と考えられます。再生回数が少ない場合、ケタが下がって1再生当たり0.01円程度ということもあるようです。

ちなみに、YouTuberとして有名なHIKAKIN(ヒカキン)さんの1カ月当たりの再生回数は約1億3000万回、累計再生回数は100億回を超えています(2019年6月時点)。再生単価が0.1円だとしても、1カ月当たりの収益は1300万円ということになります。

ただし、グーグルは視聴回数が累計で1万回未満のチャンネルや、チャンネル登録者が1000人未満のチャンネルには、広告が表示されないようにしています。条件をクリアしないチャンネルの場合、そもそも収益の対象となりません。

とにかく広告を入れさえすればよいブログと比較した場合、YouTubeのハードルは高いと思ってください。この話はコンテンツについても同じことがいえます。

YouTuberも楽じゃない

どんな動画でもよければ、スマホがあれば撮影できますが、YouTubeで収益を上げている人は、画質や音質にもかなりこだわっています。

『“投資"に踏み出せない人のための「不労所得」入門』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

1本の動画だけなら、面白ければそれでよいのですが、テレビ局のように継続して自分のチャンネルを見てもらえないと、収益にはつながりません。

このとき、雑音が多く入っていたり、画質が悪いものが続くと、視聴者が離れてしまいます。こうした条件をクリアするためには、それなりの機材が必要となりますから、ブログに比べるとかなりの手間とコストがかかります。

しかしながら、グーグルは今後、ブログなどのテキストコンテンツよりも、ユーチューブの動画コンテンツを重視していく可能性が高いでしょう。ブログで収益化を考えている人も、何らかの形で動画の分野にも進出しないと、収益を継続するのは難しくなるかもしれません。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。