道化師「英ボリス新首相」が何気に人気の理由

トランプとは根本的に異なる部分がある?

24日イギリスの首相に就任したボリス・ジョンソン氏のイギリス国内での評判は?(写真:HANNAH MCKAY/ロイター)

「あの人が、この国を率いることになるとは!」

7月24日、イギリスでは新首相が誕生したが、ボリス・ジョンソン元外相の就任に世界中の人が口をあんぐりと大きく開けたに違いない。「待ってました!」と歓喜の声を上げた人もいれば、「いくらなんでも、ひどい!」と憤懣やるかたない人もいただろう。「お騒がせ男」「風見鶏」「道化」「人種差別主義者」、そして「イギリスのトランプ」という人も。

いったい、どんな人物なのか。そして、ジョンソン新首相の指揮の下、イギリス最大の懸案事項である欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)はどうなるのか――。今後については、本サイトの「英ジョンソン首相誕生後のシナリオを徹底検証」に詳しいが、本稿では、ジョンソン氏人気の秘密に注目した。

誰もが「ボリス」と呼ぶ

そもそもジョンソン氏はなぜイギリス国民に支持されるのだろうか。まず、イギリスでは誰もが彼のことを「ボリス」と呼ぶ。イギリス政界の中で、愛称で呼ばれる人物は彼ただ1人。例えば、第2次世界大戦中の名宰相と言われるウィンストン・チャーチル、日本でも著名なマーガレット・サッチャー首相はそれぞれ「チャーチル」「サッチャー」で通じるものの、けっして「ウィンストン」「マーガレット」のみでは呼ばれない。

1964年、アメリカ・ニューヨークで生まれたジョンソン氏は、つい何年か前まで米英2カ国の国籍を持っていた。父は後に欧州議会議員となる人物で、母はアーチスト。誕生当時は、一家はアメリカで暮らしていたが、ジョンソン氏が幼少の頃、イギリスに戻った。

ジョンソン氏の先祖にはオスマン帝国(今のトルコ)の閣僚や18世紀の国王がいた。上流階級の何不自由ない家庭で生まれ育ったといえよう。

上流階級に属する子弟のお決まりのコースとなる、名門中等教育期間イートン校、そしてオックスフォード大学に進学。専攻は古典(ラテン語と古代ギリシャ語)である。ジョンソン氏の知人らによると、この頃からすでに「身だしなみに構わない」「面白いことを言う奴」として有名だったと言う。後に大学の弁論クラブの会長になっている。現在の「ボリス」の原形ができてきた。

次ページ人気を得たきっかけ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT