道化師「英ボリス新首相」が何気に人気の理由

トランプとは根本的に異なる部分がある?

24日イギリスの首相に就任したボリス・ジョンソン氏のイギリス国内での評判は?(写真:HANNAH MCKAY/ロイター)

「あの人が、この国を率いることになるとは!」

7月24日、イギリスでは新首相が誕生したが、ボリス・ジョンソン元外相の就任に世界中の人が口をあんぐりと大きく開けたに違いない。「待ってました!」と歓喜の声を上げた人もいれば、「いくらなんでも、ひどい!」と憤懣やるかたない人もいただろう。「お騒がせ男」「風見鶏」「道化」「人種差別主義者」、そして「イギリスのトランプ」という人も。

いったい、どんな人物なのか。そして、ジョンソン新首相の指揮の下、イギリス最大の懸案事項である欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)はどうなるのか――。今後については、本サイトの「英ジョンソン首相誕生後のシナリオを徹底検証」に詳しいが、本稿では、ジョンソン氏人気の秘密に注目した。

誰もが「ボリス」と呼ぶ

そもそもジョンソン氏はなぜイギリス国民に支持されるのだろうか。まず、イギリスでは誰もが彼のことを「ボリス」と呼ぶ。イギリス政界の中で、愛称で呼ばれる人物は彼ただ1人。例えば、第2次世界大戦中の名宰相と言われるウィンストン・チャーチル、日本でも著名なマーガレット・サッチャー首相はそれぞれ「チャーチル」「サッチャー」で通じるものの、けっして「ウィンストン」「マーガレット」のみでは呼ばれない。

1964年、アメリカ・ニューヨークで生まれたジョンソン氏は、つい何年か前まで米英2カ国の国籍を持っていた。父は後に欧州議会議員となる人物で、母はアーチスト。誕生当時は、一家はアメリカで暮らしていたが、ジョンソン氏が幼少の頃、イギリスに戻った。

ジョンソン氏の先祖にはオスマン帝国(今のトルコ)の閣僚や18世紀の国王がいた。上流階級の何不自由ない家庭で生まれ育ったといえよう。

上流階級に属する子弟のお決まりのコースとなる、名門中等教育期間イートン校、そしてオックスフォード大学に進学。専攻は古典(ラテン語と古代ギリシャ語)である。ジョンソン氏の知人らによると、この頃からすでに「身だしなみに構わない」「面白いことを言う奴」として有名だったと言う。後に大学の弁論クラブの会長になっている。現在の「ボリス」の原形ができてきた。

次ページ人気を得たきっかけ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT