巧妙化するサイバー攻撃に備えよ!

シマンテック日本法人社長に聞く

――最近ではモノのインターネット(IoT)などと言われて、セキュリティで守らなければならないものが増えている。

家電製品や自動車にさまざまなソフトウエアが組み込まれ、ネットワークに接続されているが、これによってセキュリティシステムが守らなければならない領域は幾何級数的に増えている。いろいろなものがネットにつながり、しかも自動的にアップデートされる仕組みになっている。ここにハッキングされると非常に危険だ。

リスクに対して安全性を確保することは、われわれにとって重要なミッションだが、一方で利便性を損なわないことも重要だ。これまで、安全性確保のためには、パスワードを毎月変更する、ID認証ごとに異なったパスワードを使うことが推奨されてきた。だが、ネットバンキングやネット通販といったサービスが多様化し、それに加えてPC、タブレット、スマートフォンと、複数の機器を使う環境となった現状では、毎月変更するパスワードをすべて覚えることは不可能だ。

覚えきれない結果、手元にメモする、クッキーに残す、パスワードを使いまわすなど、安全性確保とは逆行する状況に陥っている。こういった不便さを解消する新たなしくみを現在検討中で、近々公表の予定だ。2011年に行ったベリサイン買収の効果だ。

研究開発に集中

――守るべきものが増え、セキュリティサービスのマーケット自体も、今後5年で倍増近い伸びが見込まれています。  

人材の確保は重要な課題だが、われわれが過去に高い経験値を持つ人材を育ててきたという優位性がある。セキュリティベンダー大手として、ハッカーの"挑戦"を受けることも多いが、それによって知見を高め、分析エンジンのパワーアップやロジックの改善を進める手がかりにもなる。

われわれは、GEから来たCEOのもと、2012年7月から、シマンテック4.0に則って改革を行なっている。手を広げ過ぎたサービスを集約し、まとまったソリューションとして提供する仕組みづくりなど、本来やるべきことに集中する。なかでも研究開発については、従来の売上高の14%という目安を上回る水準で行っていくことになるだろう。  

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT