グーグルが買収で「人工知能」にも触手

ディープマインド買収へ

1月26日、米グーグルは、人工知能(AI)と呼ばれるコンピューターサイエンス関連の非公開企業ディープマインド・テクノロジーズを買収することで合意したと発表。写真は同社のロゴ。昨年9月撮影(2014年 ロイター/Chris Helgren)

[26日 ロイター] -米グーグルは26日、人工知能(AI)と呼ばれるコンピューターサイエンス関連の非公開企業ディープマインド・テクノロジーズを買収することで合意したと発表した。

ハイテク関連のニュースサイトであるRe/codeによると、買収額は4億ドル。

グーグルの広報担当者は、買収価格に関するコメントを差し控えた。ディープマインドの代表者からのコメントも、今のところ取れていない。

ディープマインドのウェブサイト情報によると、同社は2012年にロンドンで設立され、電子商取引やゲームなどで用いるアルゴリズムの構築を手掛ける。

自動運転車やロボットなどのプロジェクトを進めるグーグルはここ数年、人工知能の分野に注力するようになってきている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。