グーグルが買収で「人工知能」にも触手

ディープマインド買収へ

1月26日、米グーグルは、人工知能(AI)と呼ばれるコンピューターサイエンス関連の非公開企業ディープマインド・テクノロジーズを買収することで合意したと発表。写真は同社のロゴ。昨年9月撮影(2014年 ロイター/Chris Helgren)

[26日 ロイター] -米グーグルは26日、人工知能(AI)と呼ばれるコンピューターサイエンス関連の非公開企業ディープマインド・テクノロジーズを買収することで合意したと発表した。

ハイテク関連のニュースサイトであるRe/codeによると、買収額は4億ドル。

グーグルの広報担当者は、買収価格に関するコメントを差し控えた。ディープマインドの代表者からのコメントも、今のところ取れていない。

ディープマインドのウェブサイト情報によると、同社は2012年にロンドンで設立され、電子商取引やゲームなどで用いるアルゴリズムの構築を手掛ける。

自動運転車やロボットなどのプロジェクトを進めるグーグルはここ数年、人工知能の分野に注力するようになってきている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。