韓国で最もググられた検索語からみる「関心事」

2019年上半期人気ワードはあの海外キャラ

さらに、グーグルでは韓国のジャンル別検索順位も発表している。映画分野を見ると、1位は韓国映画『極限職業(原題:Extreme Job/극한직업)』だ。総合検索でも6位に入った映画『極限職業』は、今年1月に韓国で公開された韓国のコメディー映画だ。なんと累計観客動員が1,626万3525人という歴代2位の記録をたたき出した。韓国国民の実に3人に1人が観た計算だ。

映画カテゴリーのランキング1位は?

舞台とは警察の麻薬捜査班チームが見張り捜査のために借りたチキン屋。捜査員達はここで店員になりすまして麻薬犯の張り込みをするが、想像以上に繁盛して本業よりも忙しくなって……という内容である。ちょうど旧正月連休に入る前という公開タイミングも功を奏して大ヒットした。

2019年上半期グーグル人気検索キーワード 1位タノス、2位ミセモンジ、3位チョン・ジュニョン、4位スカイキャッスル、5位NBA、6位極限職業、7位クレイジーレーシング・カートライダー、8位バーニングサン、9位ファン・ハナ、10位アベンジャーズ/エンドゲーム(画像:ニューズウィーク日本版)

韓国映画といえばドタバタコメディーも多いが、ここ数年シリアスなサスペンスやアクション映画も多い。日本に紹介されるのはこの手の映画が多いためか、「韓国映画って暗い」「アクションシーンはグロい」といった感想をもっている人も多いのではないだろうか? 韓国人でも同じようで、正月早々暗くて重い映画よりもこのように家族で楽しく笑える映画に人気が集中したようだ。

ちなみにこの『極限職業』はハリウッドでのリメイクが決定している。韓国のオリジナルも制作したCJエンターテインメントとユニバーサルスタジオの共同制作で、主人公は『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』やアニメ『ペット』に出演していたケヴィン・ハートが務めるという。この映画のキーポイントは「チキン屋」にある。韓国ではメジャーな食べ物で、ビールと言えばチキン。ソウル市内では数百メートルも歩けばチキン屋に当たるほどだ。出前文化の発達した韓国ではチキン屋の出前は定番だ。

また、サラリーマンがよく脱サラして始めるレストランの一つでもある。このように韓国の街に溶け込み人生にも密着した食べ物を、ハリウッドバージョンでは何に置き換えるのか楽しみである。

また、2019年は韓国映画100周年という韓国映画界にとって記念となる年だ。それにふさわしく上半期の総合映画観客動員数は1億833万名(CGVリサーチセンター調べ)と、韓国映画史上最高の数字を記録した。

また、すでに1000万人突破映画として『アベンジャーズ/エンドゲーム』と『極限職業』の2本が出ており、現在公開中のカンヌ映画祭受賞作品『パラサイト』が985万人、『アラジン』が938万人と、もうひと息で1000万突破を目指している。さらに下半期にはディズニーの『ライオンキング』や『アナと雪の女王2』などが公開を控えていることから、1000万人突破映画はまだまだたくさん登場しそうである。

次ページ2018年の年間ランキングはゲームがトップに
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 逆境からの人々
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
給料 最新序列<br>生涯給料をグンと上げる技術

給料をアップさせるには、転職をするか、社内評価を高めるかのどちらか。独自試算した上場3227社の生涯給料ランキング、年齢×ポジション別年収マトリックスなど、公務員を含めた給料の現状と、具体的な引き上げ術を紹介する。