「トランプ再選は困難」の世論調査は妥当なのか

4つの再選キーワードから読み解く

これまでウォーレン候補は、トランプ大統領がアメリカを分裂させると批判してきたが、実は、自らの公約でアメリカ社会を「大卒」と、そうでない層に分裂させるという思わぬリスクを負っていると言えなくもない。

4つの再選キーワードで民主党候補を追い込む

続いて②のメキシコとの国境問題だ。6月26~27の両日に10人ずつ、20人の間で戦わされた民主党の大統領候補ディベートと、大統領候補関連の世論調査には、共通した弱点がある。いずれもアメリカ市民社会の「安全」という問題意識だ。

トランプ大統領は、この問題をアメリカ社会の「安全」という意識でとらえているが、民主党候補たちは違う。仮に1対1のディベートになれば、トランプ大統領へ有利に働く可能性がある。

③健康・医療保険問題は、トランプ大統領が2020年のテーマとしていち早く掲げているテーマだ。6月18日の出馬宣言では、「オバマ・ケア」大批判を繰り広げており、オバマ政権の副大統領として「オバマ・ケア」を支えたバイデン候補を強く意識していることは間違いない。

国民皆保険については、サンダース候補、ウォーレン候補も同じ立ち位置にいる。ところが、バイデン氏よりサンダース氏に近づいているカーマラ・ハリス候補には、民主党ディベート大会で思わぬことがあった。前日にサンダース氏と100%同じ立場であるかのように手を挙げたが、翌日のテレビ・インタビューで、ディベート大会の時のNBCテレビ司会者の質問に対して、別の意味に解釈して手を挙げてしまったと訂正したことだ。

民主党候補のディベート大会では、バイデン氏を過去の人種隔離政策関連で厳しくやり込め、直後の世論調査では、トップのバイデン候補と肩を並べたハリス候補だったが、その後、じりじりと支持率を下げている。

一方、ウォーレン候補は、国民皆保険の立場にかろうじて間に合った感があるが、それまで健康保険・医療保険問題について歯切れが悪かった。ウォーレン候補の地元の州に、医療関連組織が多いせいではないか、とメディアで批判されている。トランプ氏としては、ウォーレン候補を攻めるだろう。

④の「中国問題」については、トランプ大統領が民主党の最有力候補であるバイデン候補と一騎打ちになったときには、トランプ大統領の大きなポイントになりうる。

民主党では、上院のチャック・シューマー院内総務、下院のナンシー・ペロシ議長とも、対中国強硬派として知られている。

次ページ共同世論調査ではバイデン候補がリード
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。