レンジローバー「2代目イヴォーク」何が凄いか

このコンパクトSUVは日本にピッタリだ

私は個人的に「EVOQUE」の「P250」が気に入っている。試乗したクルマは、ユーカリを使ったシート地を使っていたこともあり、乗った感覚も新鮮で、知的な興奮すら味わうことが出来た。

ユーカリのシートはレザーよりすこし硬めかな、と思ったが、あるていど長い距離を乗っていないと真価がわからないだろう。私だったら、クヴァドラのシート地を選ぶかもしれない。それが全体の少しゆったりした味わいと合うと思うからだ。

出来るだけ様々な仕様を試してみてほしい

人工スウェード巻きの細身のステアリングフィールも感触がよくて、このメーカーが感触や音色など、人間が感覚的に気持ちいいと思うものを追究する姿勢に感心する。

「P250」は365Nmの最大トルクを1500rpmで発生しはじめる設定なので、加速性もよい。全体としてバランスがとれているところが魅力である。イヴォークを買おうというときは、出来るだけ様々な仕様を試してみることを勧めたい。

価格はEVOQUEで、「P200」が461万円から、「P250」が646万円から、「D180」が523万円からだ。いっぽうR-DYNAMICでは「P250」が646万円から、「P300MHEV」が656万円から、「D180」が642万円からとなる。”から”というのは、装備レベルで3グレードずつ設定されているゆえだ。

(文:小川フミオ/ライフスタイルジャーナリスト)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
金利・為替・企業業績を検証<br>暗転する世界経済

8月の金融市場は波乱の展開となった。市場の不安心理を増幅する、貿易の不均衡をめぐる米中対立は激化の一途だ。懸案はそれだけではない。日本や欧州も含め、金利、為替、株、金価格、日本の企業業績など、影響を幅広く検証する。