レンジローバー「2代目イヴォーク」何が凄いか

このコンパクトSUVは日本にピッタリだ

私は個人的に「EVOQUE」の「P250」が気に入っている。試乗したクルマは、ユーカリを使ったシート地を使っていたこともあり、乗った感覚も新鮮で、知的な興奮すら味わうことが出来た。

ユーカリのシートはレザーよりすこし硬めかな、と思ったが、あるていど長い距離を乗っていないと真価がわからないだろう。私だったら、クヴァドラのシート地を選ぶかもしれない。それが全体の少しゆったりした味わいと合うと思うからだ。

出来るだけ様々な仕様を試してみてほしい

人工スウェード巻きの細身のステアリングフィールも感触がよくて、このメーカーが感触や音色など、人間が感覚的に気持ちいいと思うものを追究する姿勢に感心する。

「P250」は365Nmの最大トルクを1500rpmで発生しはじめる設定なので、加速性もよい。全体としてバランスがとれているところが魅力である。イヴォークを買おうというときは、出来るだけ様々な仕様を試してみることを勧めたい。

価格はEVOQUEで、「P200」が461万円から、「P250」が646万円から、「D180」が523万円からだ。いっぽうR-DYNAMICでは「P250」が646万円から、「P300MHEV」が656万円から、「D180」が642万円からとなる。”から”というのは、装備レベルで3グレードずつ設定されているゆえだ。

(文:小川フミオ/ライフスタイルジャーナリスト)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT