レンジローバー「2代目イヴォーク」何が凄いか

このコンパクトSUVは日本にピッタリだ

「EVOQUE P250」はコンパクトなサイズでありながら、質感の高いSUVである(写真:LEON編集部)
デザインコンシャスなSUVの代名詞レンジローバーのイヴォークが二代目に。その新型がついに日本でデリバリーを開始した。エンジンラインナップごとにその詳細をリポートする。

元祖デザインコンシャスSUV進化す

SUVに乗りたい。ただしコンパクトなサイズが便利だ。それでいて品質感のあるモデルがいい。こういう希望を持っているひとは多いはず。でも、該当するクルマを探すのはきわめて難しい。

ジャガーランドローバー・ジャパンが、2019年6月に日本発売開始したランドローバーブランドのレンジローバー・イヴォークの新型は、その「きわめて難しい」選択を現実のものとしてくれるモデルだ。

本記事はLEON.JPの提供記事です

2代目にフルモデルチェンジしたイヴォークのいいところは、全長4380ミリとコンパクトなサイズでありながら、質感の高いSUVであることだ。エンジンは種類が豊富で、かつ、どのエンジンでも基本的に走りがいい。

加えて、もてなし感覚にあふれている上質な内装が特筆点だ。全体の造型はクリーンで、ごちゃごちゃ感がない。スイッチ類を極力廃して、スマートタブレットのような液晶モニター画面で主要操作を行えるようにしているのだ。

次ページシート表皮への心配りがはんぱではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT