レンジローバー「2代目イヴォーク」何が凄いか

このコンパクトSUVは日本にピッタリだ

「EVOQUE P250」はコンパクトなサイズでありながら、質感の高いSUVである(写真:LEON編集部)
デザインコンシャスなSUVの代名詞レンジローバーのイヴォークが二代目に。その新型がついに日本でデリバリーを開始した。エンジンラインナップごとにその詳細をリポートする。

元祖デザインコンシャスSUV進化す

SUVに乗りたい。ただしコンパクトなサイズが便利だ。それでいて品質感のあるモデルがいい。こういう希望を持っているひとは多いはず。でも、該当するクルマを探すのはきわめて難しい。

ジャガーランドローバー・ジャパンが、2019年6月に日本発売開始したランドローバーブランドのレンジローバー・イヴォークの新型は、その「きわめて難しい」選択を現実のものとしてくれるモデルだ。

本記事はLEON.JPの提供記事です

2代目にフルモデルチェンジしたイヴォークのいいところは、全長4380ミリとコンパクトなサイズでありながら、質感の高いSUVであることだ。エンジンは種類が豊富で、かつ、どのエンジンでも基本的に走りがいい。

加えて、もてなし感覚にあふれている上質な内装が特筆点だ。全体の造型はクリーンで、ごちゃごちゃ感がない。スイッチ類を極力廃して、スマートタブレットのような液晶モニター画面で主要操作を行えるようにしているのだ。

次ページシート表皮への心配りがはんぱではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT