1日のダウは117ドル高、引けにかけて伸び悩む

米中貿易交渉再開でハイテク株に買い注文 

7月1日、米国株式市場は上昇、ダウ平均株価は117ドルで取引を終了した。ニューヨーク証券取引所で撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[1日 ロイター] - 米国株式市場は上昇、ダウ平均株価は117ドルで取引を終了した。米中が通商協議の再開で合意したことや、米国が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]への制裁を一部緩和したことを好感し、ハイテク株中心に買いが入った。ただ相場は引けにかけて伸び悩んだ。

S&P総合500種は序盤の勢いこそ続かなかったものの、終値では最高値を更新した。

ただ、投資家は米連邦準備理事会(FRB)が予想通りにハト派姿勢を続けるのかに注視しているほか、4日の米独立記念日を控え取引が細る週であることへの警戒感も広がった。

ロバート・W・ベアードの投資ストラテジスト、ウィリー・デルウィシュ氏は「寄り付きはお祝いムードがあり、問題が解決されてないものの、貿易を巡る不透明感が幾分消えたとみられた」と指摘。一方、「これにより、FRBが対策を取る公算、少なくとも約1週間半前に考えられていたほど積極的に対策を取る見込みは薄れている」とも述べた。

年初来で最もパフォーマンスの高いテクノロジー株<.SPLRCT>は1.45%高。アップル<AAPL.O>は1.83%上げ、指数を押し上げた。

中国からの売り上げが大きい半導体メーカーも大幅高。フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)<.SOX>は一時5%高となる場面もあったが、結局2.65%高で終了。ファーウェイのサプライヤーであるマイクロン・テクノロジー<MU.O>は3.9%上げた。

この日発表された6月の米供給管理協会(ISM)製造業景気指数は2016年10月以来約2年半ぶりの低水準を記録。また、欧州やアジアの製造業購買担当者景気指数(PMI)も低下し、利下げ観測を支援した。

ダウ平均が上昇する中、ボーイング<BA.N>は逆行安で2.1%下落。米連邦検察当局が「787ドリームライナー」製造に絡み、同社に記録の提出を求める召喚状を出したと報じられた。

香水・化粧品のコティ<COTY.N>は13.5%急落。プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)<PG.N>から取得したブランドについて30億ドル相当の評価損を計上すると発表したほか、4カ年のリストラ計画も明らかにした。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.57対1の比率で上回った。ナスダックでも1.50対1で値上がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は70億4000万株。直近20営業日の平均は71億5000万株。

 

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 26717.43 +117.47 +0.44 26805.8 26890. 26616. <.DJI>

6 64 21

前営業日終値 26599.96

ナスダック総合 8091.16 +84.92 +1.06 8145.85 8150.4 8059.2 <.IXIC>

5 9

前営業日終値 8006.24

S&P総合500種 2964.33 +22.57 +0.77 2971.41 2977.9 2952.2 <.SPX>

3 2

前営業日終値 2941.76

ダウ輸送株20種 10505.93 +43.95 +0.42 <.DJT>

ダウ公共株15種 807.77 -2.89 -0.36 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1497.55 +38.59 +2.65 <.SOX>

VIX指数 14.08 -1.00 -6.63 <.VIX>

S&P一般消費財 953.84 +8.26 +0.87 <.SPLRCD>

S&P素材 369.66 +2.52 +0.69 <.SPLRCM>

S&P工業 653.25 +1.56 +0.24 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 600.10 +2.76 +0.46 <.SPLRCS>

S&P金融 464.14 +5.22 +1.14 <.SPSY>

S&P不動産227.26 -0.65 -0.29 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 471.74 +0.46 +0.10 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1078.60 +6.13 +0.57 <.SPXHC>

S&P通信サービス 165.46 +1.23 +0.75 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1392.41 +19.85 +1.45 <.SPLRCT>

S&P公益事業 302.09 -0.95 -0.31 <.SPLRCU>

NYSE出来高 8.53億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 21695 - 75 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限 円建て 21680 - 90 大阪比 <0#NIY:>

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。