200人乗り豪華客船の船旅はこんなにもスゴい

世界のセレブも熱中する客船に乗ってみた

最近、世界のセレブに人気のある小型豪華クルーズ船。リッチな船旅気分を疑似体験しました(写真:LEON編集部)
船旅は時間がかかるからこそぜいたく。最近世界のセレブ達に人気なのはスモールラグジュアリーホテルのような小型豪華クルーズ船による旅。停泊中のフランス籍PONANT(ポナン)社の豪華客船、ル・ソレアル号に乗船してみました。

プライベートクルーザーは究極にぜいたくな船旅

こんにちは、LEON.JPのモリモトです。 皆さん、船旅はお好きでしょうか? 世界のスーパーリッチが最後にたどり着くのがスーパーヨットと呼ばれるプライベートクルーザーだと言います。誰のものでもない広大な海をわが庭として専有する船旅は、確かに究極のぜいたくと言えるかもしれません。

本記事はLEON.JPの提供記事です

どんな高級車も、プライベートジェットも、しょせん、移動手段にすぎませんが、クルーザーはそこで暮らせる拠点。いわば世界中に移動別荘を持つようなものです。某ロシアの億万長者は巨大ヨットで世界の海を周遊しながら、必要なときだけヨットからプライベートジェットで仕事に出かけるといいます。

はぁ~とため息しか出ませんが、そんなスーパーリッチの気分を少しでも疑似体験すべく、フランスが誇るラグジュアリークルーズの雄、PONANT(ポナン)社の客船が大阪に寄航したので、その内部を見学に行ってきました。

今回、大阪に寄航したル・ソレアル号の全貌。全長142m。1万700トン。船籍はフランス(写真:LEON編集部)

PONANT(ポナン)社は、以前にもご紹介しましたが(こちら)、あえて小型のラグジュアリークルーザーにこだわったクルーズ会社。所有するのは海の上のスモールラグジュアリーホテルといった趣きの豪華内装・設備とサービスを備えた定員200人程の8隻のみ。

まさに動く別荘と呼ぶにふさわしいこれらの船で、地中海はもとより、カリブ海から南アフリカ沿岸、オセアニア、ミクロネシア、南極、北極といった極地まで、世界中の海を巡る旅を提供しているのです。

次ページラグジュアリーなのに冒険好き
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。