200人乗り豪華客船の船旅はこんなにもスゴい

世界のセレブも熱中する客船に乗ってみた

最近、世界のセレブに人気のある小型豪華クルーズ船。リッチな船旅気分を疑似体験しました(写真:LEON編集部)
船旅は時間がかかるからこそぜいたく。最近世界のセレブ達に人気なのはスモールラグジュアリーホテルのような小型豪華クルーズ船による旅。停泊中のフランス籍PONANT(ポナン)社の豪華客船、ル・ソレアル号に乗船してみました。

プライベートクルーザーは究極にぜいたくな船旅

こんにちは、LEON.JPのモリモトです。 皆さん、船旅はお好きでしょうか? 世界のスーパーリッチが最後にたどり着くのがスーパーヨットと呼ばれるプライベートクルーザーだと言います。誰のものでもない広大な海をわが庭として専有する船旅は、確かに究極のぜいたくと言えるかもしれません。

本記事はLEON.JPの提供記事です

どんな高級車も、プライベートジェットも、しょせん、移動手段にすぎませんが、クルーザーはそこで暮らせる拠点。いわば世界中に移動別荘を持つようなものです。某ロシアの億万長者は巨大ヨットで世界の海を周遊しながら、必要なときだけヨットからプライベートジェットで仕事に出かけるといいます。

はぁ~とため息しか出ませんが、そんなスーパーリッチの気分を少しでも疑似体験すべく、フランスが誇るラグジュアリークルーズの雄、PONANT(ポナン)社の客船が大阪に寄航したので、その内部を見学に行ってきました。

今回、大阪に寄航したル・ソレアル号の全貌。全長142m。1万700トン。船籍はフランス(写真:LEON編集部)

PONANT(ポナン)社は、以前にもご紹介しましたが(こちら)、あえて小型のラグジュアリークルーザーにこだわったクルーズ会社。所有するのは海の上のスモールラグジュアリーホテルといった趣きの豪華内装・設備とサービスを備えた定員200人程の8隻のみ。

まさに動く別荘と呼ぶにふさわしいこれらの船で、地中海はもとより、カリブ海から南アフリカ沿岸、オセアニア、ミクロネシア、南極、北極といった極地まで、世界中の海を巡る旅を提供しているのです。

次ページラグジュアリーなのに冒険好き
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT