200人乗り豪華客船の船旅はこんなにもスゴい

世界のセレブも熱中する客船に乗ってみた

最近、世界のセレブに人気のある小型豪華クルーズ船。リッチな船旅気分を疑似体験しました(写真:LEON編集部)
船旅は時間がかかるからこそぜいたく。最近世界のセレブ達に人気なのはスモールラグジュアリーホテルのような小型豪華クルーズ船による旅。停泊中のフランス籍PONANT(ポナン)社の豪華客船、ル・ソレアル号に乗船してみました。

プライベートクルーザーは究極にぜいたくな船旅

こんにちは、LEON.JPのモリモトです。 皆さん、船旅はお好きでしょうか? 世界のスーパーリッチが最後にたどり着くのがスーパーヨットと呼ばれるプライベートクルーザーだと言います。誰のものでもない広大な海をわが庭として専有する船旅は、確かに究極のぜいたくと言えるかもしれません。

本記事はLEON.JPの提供記事です

どんな高級車も、プライベートジェットも、しょせん、移動手段にすぎませんが、クルーザーはそこで暮らせる拠点。いわば世界中に移動別荘を持つようなものです。某ロシアの億万長者は巨大ヨットで世界の海を周遊しながら、必要なときだけヨットからプライベートジェットで仕事に出かけるといいます。

はぁ~とため息しか出ませんが、そんなスーパーリッチの気分を少しでも疑似体験すべく、フランスが誇るラグジュアリークルーズの雄、PONANT(ポナン)社の客船が大阪に寄航したので、その内部を見学に行ってきました。

今回、大阪に寄航したル・ソレアル号の全貌。全長142m。1万700トン。船籍はフランス(写真:LEON編集部)

PONANT(ポナン)社は、以前にもご紹介しましたが(こちら)、あえて小型のラグジュアリークルーザーにこだわったクルーズ会社。所有するのは海の上のスモールラグジュアリーホテルといった趣きの豪華内装・設備とサービスを備えた定員200人程の8隻のみ。

まさに動く別荘と呼ぶにふさわしいこれらの船で、地中海はもとより、カリブ海から南アフリカ沿岸、オセアニア、ミクロネシア、南極、北極といった極地まで、世界中の海を巡る旅を提供しているのです。

次ページラグジュアリーなのに冒険好き
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • iPhoneの裏技
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。