京丹後市「上限200円運賃」は地方交通の革命か

補助金をうまく使えば利用拡大が期待できる

「上限200円運賃」を導入した丹後海陸交通の丹海バス(筆者撮影)

地方の公共交通の運営が厳しくなった際に、運賃の値上げを行うことはよくある。最近でもJR北海道(北海道旅客鉄道)と北陸鉄道が、今年10月に予定される消費税増税に合わせた値上げを発表している。

相次ぐ地方交通の値上げ

JR北海道は100キロまでの区間については、距離をいくつかの区分に分割し区分ごとに運賃を定める「対キロ区間制運賃」を導入することになり、現状170円の初乗り運賃は200円、210円区間は250円などとなる。101〜200キロの区間は1.1%程度の引き上げになるという。それ以上の距離区間や特急料金は据え置きとなるが、平均引き上げ幅は消費増税分と合わせて11.1%を予定としている。

北陸鉄道では普通旅客運賃(大人)で13.153% 定期旅客運賃で13.464%の引き上げを予定している。初乗り運賃は140円から160円、220円区間は250円、290円区間は330円となり、最高運賃は500円から550円になる予定だ。

どちらの鉄道事業者も値上げの理由として、利用者減少による厳しい経営環境を挙げており、地域移動の維持のために値上げを選んだ。このような考え方は日本の公共交通では一般的であるが、値上げによってさらに利用者離れが起こる可能性もある。

そんな中、大胆な値下げを断行したことで、利用者が減少から増加に転じただけでなく、事業者の収益も上がった事例が、京都府の最北端に位置する京丹後市にある。

次ページ「一家にマイカー2台」の地域
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT