縮むPC市場、台湾エイサーの「苦悩」

決算は予想以上の赤字、幹部報酬も30%カットへ

1月17日、台湾のエイサーが発表した第4・四半期決算は純損益が76億台湾ドルの赤字となった。写真は台北で2012年10月撮影(2014年 ロイター/Yi-ting Chung)

[台北 17日 ロイター] -台湾パソコン大手の宏碁(エイサー)<2353.TW>が発表した第4・四半期決算は純損益が76億台湾ドル(2億5400万ドル)の赤字となった。

トムソンロイターIBESによる市場予想は36億9000万台湾ドルの赤字だった。第3・四半期は131億2000万台湾ドル、前年同期は33億7000万台湾ドルの赤字だった。

パソコン(PC)の販売不振が続く中、予想以上の赤字となったことを受け、幹部の報酬を30%削減する方針を明らかにした。

イヴァ・ホー最高財務責任者(CFO)は記者団に対し、今後も課題に直面することが想定されるものの、赤字は縮小する見通しとした。

エイサーはこれまでに、7%の人員削減を含む一連のコスト削減策を発表しているが、同CFOはこの日、追加人員削減の可能性を排除しなかった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。