「おっさんずラブ」はなぜここまで人気が出たか

最初は「普通の人気ドラマ」の扱いだった

5月14日に開催されたテレビ朝日のIR説明会ではインターネット関連収入が右肩上がりで成長していることも報告されました。2018年度は117億円に達しています。ニーズが高まりつつある見逃し配信をしっかりと収益化し、伸ばす余地はあると判断したことから、同日、国内放送局では初となるデジタル広告配信プラットフォームの新会社を設立することも発表しました。

劇場版は禁断のラブ・バトルロワイアルが勃発!?

KDDIの連結子会社であるSupership(スーパーシップ)と、サイバーエージェント、電通ならびに博報堂DYメディアパートナーズと共同でデジタル動画広告配信プラットフォームを構築・運用する合弁会社を立ち上げ、合弁会社はテレビ朝日の連結子会社となります。

テレビ朝日早河会長兼CEOは新会社設立の背景について「今年度、いよいよテレビ広告がインターネット広告に抜かれるだろう。このインターネット広告市場を取り込むためにはプラットフォームが必要。3年で黒字化を目指し、4年目で累損を解消する」と説明していました。

加えて「大きな花を咲かせるだろうと、夢を持って設立した会社になる」と意気込み十分です。AbemaTVやテレ朝動画、TVer、GYAO!の一部広告枠からスタートし、段階を踏みながらほかのデジタルメディアなどにもプラットフォームの利用を呼びかけていく計画です。

おっさん同士のピュアな恋愛劇を描いた(写真:©テレビ朝日)

そんなビジネス構築話が実はドラマ『おっさんずラブ』の裏にあるわけです。劇場版でもはるたん(田中圭)と牧(林遣都)、乙女な部長(吉田鋼太郎)の「ラブが、とまらない」様子が描かれるようで、先日公開されたメインビジュアルには沢村一樹と志尊淳も加わり、「禁断のラブ・バトルロワイアル」が勃発する気配です。

劇場版後には第2シーズンの放送も予定しており、ロングランでまだまだ楽しませてもらえそうです。「まだまだおっさん同士のラブが見たい」というシンプルな欲求に、放送や配信などマルチプラットフォーム展開で隈なくタイミングよく応えているコンテンツだからこそ、好感が持たれているのだと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT