「おっさんずラブ」はなぜここまで人気が出たか

最初は「普通の人気ドラマ」の扱いだった

(左から)沢村一樹、林遣都、田中圭、吉田鋼太郎、志尊淳が出演する『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は東宝配給で8月23日(金)全国ロードショー(写真:©2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会)  
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

テレビ放送外で人気になった『おっさんずラブ』

劇場版『おっさんずラブ』が今夏、全国公開されます。地上波で放送された連続ドラマの映画化という十八番の流れではありますが、サクセスストーリーを歩むきっかけの1つに、見逃し配信の反響がありました。じわじわと配信で実績を上げ、今ではコンテンツを最大限に展開しながら収益化するモデルを実践する『おっさんずラブ』に今回、注目します。

見る者にピュアな気持ちを思い起こさせ、これまでになかったおっさん同士の恋愛を丁寧に描く作品として爆発的な人気を得た『おっさんずラブ』。言わずと知れた作品ですが、実は叩き上げでのし上がっていきました。2016年の年末深夜に単発ドラマとして放送されたのが事の始まり。人気原作を基にしたものでもなく、完全オリジナルであったにもかかわらず、当時からネット上で話題を呼んでいました。

この連載の一覧はこちら

晴れて2018年4月クールにテレビ朝日系列の深夜帯連続ドラマとして昇格すると、主演の田中圭をはじめ、ヒロイン役を演じた吉田鋼太郎、ライバル役の林遣都の3人の演技やそれぞれのキャラクター設定、ストーリー展開が評判になり、瞬く間に話題のドラマとして取り上げられていきました。

でもその時点では通常の人気ドラマとしての扱いにすぎませんでした。平均視聴率が4%ということもあり、あくまでもテレビ朝日局内では「話題にはなっているけれど、リアルタイムの視聴率はいまいち」と冷静な見方がありました。

そこから流れを変えたのは、見逃し配信をはじめとする放送外の展開でした。それがわかるのは第1話の放送から約半年を経た2018年9月26日開催のテレビ朝日定例記者会見での発言です。

次ページテレビ朝日の早河洋会長兼CEO自らが報告
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。