トヨタと起亜自動車、スポーツカーで「火花」

北米自動車ショーで、互いにブランド戦略強化

1月15日、トヨタ自動車と起亜自動車は今週、北米自動車ショーでそれぞれコンセプトスポーツカーを発表した。写真は昨年9月、フランクフルトで撮影(2014年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[デトロイト 15日 ロイター] -トヨタ自動車<7203.T>と起亜自動車<000270.KS>は今週、北米自動車ショーでそれぞれコンセプトスポーツカーを発表した。両社のターゲットとする顧客は異なるが、スポーツカー投入でブランド力を高めようとする戦略は共通している。

トヨタが発表した「FT─1」は、まだ商品化されるかどうか決定していない。ただ、アナリストは、商品化された場合には、約10年前に生産が打ち切られたスポーツカー「スープラ」の後継となり、パフォーマンスを重視する富裕層がターゲットとなる、と指摘する。

一方、起亜自動車が発表した「GT4スティンガー」は、若年層の顧客をターゲットにしているようだ。同社は、マツダの「MX5」やトヨタの「サイオンFR─S」が競合になり得るとしている。

ターゲット顧客は異なるものの、両社ともブランド力向上のためにスポーツカーを活用するという戦略は同じだ。

トヨタは、信頼性はあるもののデザインに驚きがある車に欠けているとされてきた。そんななか、同社は「FT─1」には自動車マニアをわくわくさせるようなものがあると考えている。

エドモンド・ドット・コムのアナリスト、ジェシカ・コールドウェル氏は「これまでのトヨタのラインアップは、家電のようで驚きがない車だったが、それを刷新する必要がある」と指摘する。

起亜自動車の副会長、HankLee氏は記者団に対し、「ソウル」ボックスカーが好評だったことから、その後を受けて消費者の関心を引く新車投入を試みており、「GT4スティンガー」発表はそうした試みのひとつ、と述べた。 消費者の反応を見極め商品化するかどうか決定するという。

起亜自動車の米設計部門代表のトム・カーンズ氏は「大きな収益をあげなくても失敗にはならない。ブランドイメージを変えることで今までとは異なった消費者を獲得できる」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。