トヨタと起亜自動車、スポーツカーで「火花」

北米自動車ショーで、互いにブランド戦略強化

1月15日、トヨタ自動車と起亜自動車は今週、北米自動車ショーでそれぞれコンセプトスポーツカーを発表した。写真は昨年9月、フランクフルトで撮影(2014年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[デトロイト 15日 ロイター] -トヨタ自動車<7203.T>と起亜自動車<000270.KS>は今週、北米自動車ショーでそれぞれコンセプトスポーツカーを発表した。両社のターゲットとする顧客は異なるが、スポーツカー投入でブランド力を高めようとする戦略は共通している。

トヨタが発表した「FT─1」は、まだ商品化されるかどうか決定していない。ただ、アナリストは、商品化された場合には、約10年前に生産が打ち切られたスポーツカー「スープラ」の後継となり、パフォーマンスを重視する富裕層がターゲットとなる、と指摘する。

一方、起亜自動車が発表した「GT4スティンガー」は、若年層の顧客をターゲットにしているようだ。同社は、マツダの「MX5」やトヨタの「サイオンFR─S」が競合になり得るとしている。

ターゲット顧客は異なるものの、両社ともブランド力向上のためにスポーツカーを活用するという戦略は同じだ。

トヨタは、信頼性はあるもののデザインに驚きがある車に欠けているとされてきた。そんななか、同社は「FT─1」には自動車マニアをわくわくさせるようなものがあると考えている。

エドモンド・ドット・コムのアナリスト、ジェシカ・コールドウェル氏は「これまでのトヨタのラインアップは、家電のようで驚きがない車だったが、それを刷新する必要がある」と指摘する。

起亜自動車の副会長、HankLee氏は記者団に対し、「ソウル」ボックスカーが好評だったことから、その後を受けて消費者の関心を引く新車投入を試みており、「GT4スティンガー」発表はそうした試みのひとつ、と述べた。 消費者の反応を見極め商品化するかどうか決定するという。

起亜自動車の米設計部門代表のトム・カーンズ氏は「大きな収益をあげなくても失敗にはならない。ブランドイメージを変えることで今までとは異なった消費者を獲得できる」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT