JR中央線と京王線、着席通勤ならどちらを選ぶ?

新型車両投入しサービス向上に切磋琢磨

「はちおうじ」と「京王ライナー」を比較すると、それぞれに強みと弱みがあることがわかる。居住空間やトイレがあることを重視する場合は「はちおうじ」が、料金の安さを取る向きには「京王ライナー」に、それぞれ軍配が上がる。

東京まで利用する場合には「はちおうじ」の利便性が高い。しかし、府中や聖蹟桜ヶ丘、高幡不動など中央本線から離れたエリアと都心の間の着席保証列車は「京王ライナー」一択となる。立川も中央本線特急に選択肢は限られる。

両者ともにサービス向上の余地

「京王ライナー」の潜在能力をさらに引き出すために、都営新宿線への乗り入れを是非実現したいところだ。「はちおうじ」がカバーできない、市ヶ谷や神保町、岩本町などの発着利用を掘り起こせる可能性がある。

特急「はちおうじ」に使われるE353系の車いす対応トイレ(編集部撮影)

また、明大前での旅客扱いを検討することも選択肢の1つであろう。渋谷など井の頭線各駅と府中以遠の間を往来する利用者には着席通勤の選択肢がないが、井の頭線各駅と「京王ライナー」停車駅の間の潜在的な着席需要は小さくないと考えられる。そして、L/Cカーであっても、リクライニングシートや洗面所・トイレの設備を備えることで、「はちおうじ」に対する競争力をさらに高めることができるはずだ。

5月27日からJR中央本線快速でトイレ設置車両の導入が順次始まったこと(使用開始は2019年度末以降)は、京王電鉄にとって無視できない動きではないだろうか。JRと京王の競争による、着席保証列車を含むサービスのさらなるレベルアップが望まれる。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。