スカイマークはこうやって消耗戦から脱する

西久保社長が語る、航空業界で生き残る術(すべ)

快適なシートは供給過剰ではない

――現在使用しているB737型機の座席数177席に対して、新たに導入するA330型機の座席数は271席と5割以上増える計算になる。ただでさえ、LCC台頭で供給過剰になっている中、座席が埋まらない不安もあるのでは?

供給過剰なのは、座り心地の悪い、狭いシートだけ。座り心地のいい快適なシートは多くのニーズがあるのに、今は供給数が絶対的に少ない。その証拠に、JALの「クラスJ」(1000円の割増料金で予約できる広めのシート)はいつも満席だ。安い運賃で広いシートを望むお客さんの多さを考えれば、たとえば羽田―福岡線を今の1日11便から10便、もしくは9便程度に減らすぐらいの調整で十分だと考えている。

にしくぼ・しんいち●1955年生まれ。神戸大工学部卒。ソード電算機システム(現・東芝パソコンシステム)などを経て、ネット接続会社を創業。2003年スカイマークに出資して筆頭株主となり、翌年から現職

――なぜ、最新鋭機ではなく、登場から20年近くを経たA330を選んだのか。

今、この席数の飛行機でA330は最も安い。確かにB787など最新鋭のテクノロジーを使った飛行機もあるが、A330でも十分快適な環境をお客さんに提供できる。エアバスには、ぜひともこの機体を末永く生産していただきたいと思っている(笑)。

――今年の年末には、旅客機として世界最大のA380型機を導入して、いよいよ国際線にも進出する。改めて、その意図を聞かせて欲しい。

国際線進出に向けてA380導入の基本合意を交わしたのは2010年だったが、それ以前から、「いずれはLCCが参入して、国内線も激しい消耗戦になるだろう」という読みがあった。

LCCは非常に参入障壁が低いビジネスモデル。極端な言い方をすれば、小型のA320かB737を数機買って、サービスを省いて運賃を安く設定するだけ。こんな簡単なビジネスモデルだから、どこかが参入してくるのは目に見えていた。

じゃあ、LCCがどんどん参入してきた時に、われわれは生き残るために何をすべきか。それをずっと考えて、出した結論が、国内線でのプレミアムシート導入と長距離国際線への進出という2つの戦略だった。

同じ国際線でも、(アジアへの)近距離国際線はLCCと過当競争になるのがわかっていたから、最初からやる気はなかった。一方、(北米など)長距離国際線のビジネスシートは料金が高止まりしており、ここに出ていかない手はない。国際線でも、大手より割安な運賃で快適なシートを提供する戦略で、十分に勝算はあると考えている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT