来春実現、東海道新幹線「全席禁煙」までの変遷

1977年に1両からスタート、「のぞみ」が転換点

2008年になると、のぞみ号に全席禁煙(喫煙ルームあり)のN700系が登場。2009年以降はひかり号、こだま号の一部もN700系が使われ、全席禁煙の新幹線が広まる。

2011年、東海道新幹線から500系が引退し、700系、N700系に統一されると、そのタイミングで3号車も禁煙化。この年から、700系の10号車(グリーン車)、15号車(指定席、こだま号は自由席)、16号車(指定席)以外は禁煙となる。

2011年以降、700系の禁煙車に増減はないが、700系を全席禁煙のN700系や、同じく全席禁煙のN700Aに置き換えていったため、定期列車の禁煙車は増加を続け、2017年には、のぞみ号、ひかり号の定期列車がすべて禁煙化された。

2020年「多くの人が利用する施設を禁煙にし、喫煙専用の室内でのみ喫煙できるようにする」という趣旨の改正健康増進法が施行される年に、こだま号や臨時ののぞみ号も禁煙化され、東海道新幹線のすべての座席が禁煙となる。

現在でも禁煙車率はほぼ100%

そんなわけで、あと1年弱で消える東海道新幹線の喫煙車両だが、現在はどの程度残っているのか。2019年3月号の時刻表を見ると、定期運行されているのは

●こだま631号(東京6:33発名古屋行)
●こだま683号(東京19:26発新大阪行)
●こだま636号(名古屋8:34発東京行)
●こだま652号(名古屋12:34発東京行)
●こだま696号(新大阪21:33発名古屋行)

の5本のみ。しかも、どの列車も一部の日は全席禁煙のN700系で運転との注意書きがされていた。

また、山陽新幹線の「列車編成のご案内」を見ると、N700系やN700Aだけではなく、8両編成の700系や500系も全席禁煙化。喫煙可能な車両は16両編成で運転されている700系のみ。この編成で定期運行されているのは

●ひかり441号(新大阪6:03発博多行)
●ひかり444号(博多20:51発新大阪行)

のみと、現在の時点ですでに、東海道・山陽新幹線の定期列車の禁煙車率はほぼ100%に近い状況だった。

ここに挙げた列車以外で喫煙可能な車両を使っているのは、東京駅を発着する臨時ののぞみ号のみ。東京駅を発着するのぞみ号、こだま号は来春よりすべての列車が全席禁煙となると、残るは、山陽新幹線のひかり号2本のみとなるが、わざわざこれだけを残すというのも合理的ではない。

なので、来春のダイヤ改正で、東海道・山陽新幹線の座席は、定期列車、臨時列車のすべてで禁煙となる可能性は、100%と言ってもいいだろう。

次ページ全席禁煙への変遷
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。