米製造業PMI、11か月ぶりの高水準

12月PMI改定値は55.0、生産指数も高水準

1月2日、マークイットが発表した12月の米製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は55.0と、1月以来11カ月ぶりの高水準となった。写真はテネシー州の製造工場で2013年8月撮影(2014年 ロイター/Chris Berry)

[ニューヨーク 2日 ロイター] -マークイットが発表した12月の米製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は55.0と、1月以来11カ月ぶりの高水準となった。雇用指数が3月以来の高水準だった。

PMIは速報値の54.4、前月の54.7を上回った。50が拡大と縮小の分岐点となる。

生産指数が1年9カ月ぶり高水準の57.5で、前月の57.4から上昇。製造業の伸びが加速し、工場や機械への需要が増大した。

マークイットの首席エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「信頼感の上昇を背景に、設備投資が加速しつつあることが示された。このことは、回復がより自律的なものとなっているとの見方を強める」と話した。

雇用指数は54.0で前月の52.3から上昇、9カ月ぶりの高水準となった。ウィリアムソン氏はこれについて、製造業の雇用が月間約2万件のペースで創出されていることを示すと分析した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • iPhoneの裏技
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GW10連休は<br>分厚い本を読もう

長い休みには、普段は手が出ない分厚い本、時間をかけて咀嚼が必要な本を読むのはいかが。本誌の書評者など12人が「自分が読み返したい本」「読者にお薦めの本」を選書。さらに「これから読みたい本」も。 ピンときたら、いざ書店へ!