認知症になった親のお金を適切に管理する方法

法定後見制度を使うのはできれば避けたい

さて、ここからは恒例の競馬コーナーだ。

週末には、中京競馬場の1200mコースでG1競争の第49回高松宮記念が行われる(24日第11R、発走時刻15時40分)。

スプリント戦だが、コースは直線の入口に100mくらい続く上り坂があり、軽いスピードだけではなく、そこそこのスタミナも要求されるタフなレースだ。

高松宮記念の本命はダノンスマッシュが妥当

本命はダノンスマッシュ(7枠13番)が妥当だろう。重賞連勝中だが、前2走共に直線で前が塞がる位置取りから器用に抜け出して短距離戦なのに1馬身以上のはっきりした差を付けて勝った。ただし、過去に2戦走った左回りのレースでは何れも大敗しており、凡走する可能性もある「やや危ない本命」だ。

対抗に、モズスーパーフレア(7枠15番)を採る。スタート後の速さは図抜けており、このメンバーでも先手を取れそうだ。最も速い馬が勝つレースなら、この馬こそがふさわしい。

単穴にロジクライ(6枠12番)を狙ってみたい。マイル戦を中心に使われてきた馬だが、スピードがあり、左回りコースに良積がある。距離短縮は向くのではないか。クリストフ・ルメール騎手の騎乗も魅力だ。

以下、短距離線では安定感のあるナックビーナス(5枠9番)、中京で重賞勝ちのあるミスターメロディ(2枠3番)、4歳牝馬ラブカンプー(5枠10番)を押さえたい。

なお、筆者が最近訪れた歯医者さんは、「高松宮記念では6−9を買う。内田裕也さんが亡くなったので、絶対にロックが来るよ!」と言っていた。

こういう予想に負けると悔しいのだが、さて?

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT