人前で緊張する人が「最初の3分」にすべきこと

冒頭での「自己紹介・時事ネタ」は逆効果

ポイントその1:10回の練習より1回の録画

あらためて「緊張して話せない」という人にお聞きします。

あなたは、自分のプレゼンを録画していますか?

こう言うと、多くの人がこうおっしゃいます。

「でも、自分の録画を見るなんて恥ずかしい」

ちょっと待ってください。

あなたは、その「恥ずかしい姿」をお客さんに見せているんですよ?

自分が客観的に見えていないことも大きな原因

今はスマホで、誰でも簡単に動画撮影できます。それなのに、「緊張する、どうしよう」と言いながら、スマホで録画するくらいの努力もしないのは、あまい!

言葉は強いかもしれませんが、そうとしか言いようがありません。

録画すると必ずわかることがあります。それは自分のありのままの姿です。自分の事実がそのまま見えてきます。

緊張して話せないのは、自分が客観的に見えていないことも大きな原因。それは録画して、自分のプレゼンがどうなのかを見たことがないからです。その人のプレゼンを見れば、「この人、自分のプレゼンを見たことがないんだろうなあ」とすぐにわかります。

ではどうすればいいか? とっても簡単です。 たった2回、録画して見るだけです。本番で緊張して死にそうになるくらいだったら、録画して見る努力は、まったく取るに足りません。目的は、自分がどうなっているか知ることです。

〔やり方〕
1 スマホを用意する
2 家でプレゼンのリハーサルをして、スマホで録画。自分で見る。(冒頭3分間でOK)
3 そして本番でも録画して、あとで見る。
〔本番の録画で、必ず確認してほしいこと〕
・ いつまで声や手足が震えていますか? 震えが治まるのはどんなときですか?
・ 震えが治まったり、少なくなるのは、開始から何分後ですか?
・ 実は「意外に緊張しているようには見えない」ということに気づきませんか?
・ 自分では気になっているのに、録画では違う点は、何でしたか?

自分では気になることであっても、他人は意外と気にしていないものです。私の知り合いの女性が、「せっかく髪の毛を切ったのに夫が気づかない」とがっかりしていました。身近な家族でも細かい違いはそれほど気にしていないものです。あなたも、どれくらい他人のことを気にしていますか? そのレベルと同じくらいだと思いましょう。

次ページ意外と「緊バレ」はしていない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT