JR四国特急、「振子式」脱却阻んだ過酷なカーブ

最近の主流「車体傾斜式」には限界があった

2600系には容量1100ℓの電動空気圧縮機を搭載し、空気供給能力を高めた(筆者撮影)
空気タンクは屋根上に搭載。空調のカバーと連続したデザインを採用している(筆者撮影)

2600系による走行試験の結果、土讃線は曲線が多すぎて空気の消費量がさらに膨大で、空気容量の確保に課題が残ることが判明。この結果2000系の後継車は振子式とすると2017年9月25日に発表した。こうして登場したのが2700系というわけだ。

全国的に縮減傾向にある振子式が土讃線に関しては生き残ることとなったのは、土讃線の線路条件がそれだけ過酷だったということだろう。

なお、土讃線では課題を残した車体傾斜装置だが、高徳線では問題がないことも確認しており、2600系は同線の特急「うずしお」で使用されることとなった。ただし量産車は登場せず、先行車4両のみの存在となる模様だ。

JR四国特急車の今後はどうなる?

2700系に採用された制御付自然振子装置は2000系と同様のもので、動作ロジックも変わらない。ただし振子台車は2000系のコロ式からベアリングガイド式に変更している。もっともベアリングガイド式も既存の技術でJR四国も8000系電車の試作車で経験している。

2700系の振子台車。振子はりはベアリングガイド方式で支持。これは振子はりのガイドレールを台車枠のボールベアリングで支持するものだ。ガイドレールは蛇腹のカバーで覆われている。制御付自然振子装置なので、意図的に車体を傾けることは可能(筆者撮影)

動力システムについては2600系に搭載されたエンジンと液体変速機を用いている。エンジンの出力は450psで2000系よりも100ps以上高出力となった。また液体変速機は変速2段・直結4段として発進時の乗り心地を向上させた。

空調装置も2600系のものをベースとしており、居住性を向上させた。この点については2600系の技術を無駄にはしていない。

2700系は性能試験ののち、2019年秋頃からの営業運転を目指している。多くが既存の技術で信頼性も高いため、おそらく試験走行も順調に行われ、量産車の仕様を決定していくと思われる。

現在JR四国の特急形気動車は2600系、2700系のほかに2000系、N2000系、そして国鉄型のキハ185系が存在する。このうち本州と結ぶ重要な使命を持つ2000系の老朽化が進行しており、置き換えが急務となっている。

2600系は高徳線限定となったものの、N2000系を松山に転出させて予讃線「宇和海」の2000系を一部置き換えた。2700系は土讃線から投入を開始して2000系を直接置き換えると思われる。

その後は2000系を直接置き換えるのか、N2000系の玉突き転配を行うのか興味深い所。キハ185系の今後も気になるところであるし、しばらくは四国の特急網の展開を見守っていきたいところだ。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT