日経平均は2万2100円まで戻る可能性がある

「条件付き」だが、到達するかもしれない

日経平均は遅まきながらもう一段上昇するのだろうか(写真:soulman/PIXTA)

日本株がようやく出直ってきた。もう一段の上昇のカギはアメリカ株や中国株にあるかもしれない。中国株はここへ来て底入れ感が台頭。2018年は大きく下げただけに、戻り余地があるかもしれない。一方、先行するアメリカ株は2018年10月以降から年末にかけての下落から8割超も戻した。これに対して、日本株は日経平均株価で見てなお4割程度。つまり反発力はアメリカの半分にとどまる。今後、中国株の戻り等が出遅れている日本株を押し上げるのだろうか。アメリカ株も含め、テクニカル面から今後の相場の方向性を探る。

上海株の「3000ポイント回復」はあるか

中国政府は2018年秋、インフラ投資の拡大や個人の所得減税等を打ち出した。その景気対策の規模は40兆円近くにのぼる。さらに2019年に入って、教育支出や住宅ローン等の税控除も追加され、個人の可処分所得(手取り額)が徐々に増えているもようだ。

つぶさにみると、モノ(買い物)はあまり動いてないが、どうやら「ヒト&コト(旅行)」は活発に動いているようだ。2019年2月の春節では国内旅行者が4億人超、海外旅行者が700万人に達した。中国国民の3人に1人が出掛けた計算となり、その旅行消費額は8兆円近くに及んだもようだ。足元の平均消費性向(可処分所得に占める消費の割合)も再び改善しており、個人の消費マインドに明るさもうかがえる。

下げ基調が続いていた上海総合指数にも底入れ感が台頭してきた。2018年は年初来で2割超下落したが、2019年は年初来で約1割上昇。チャート上では2018年の高値同士を結んだ上値抵抗線を突破したうえ、長期投資家の損益分岐点とされる200日移動平均線(2762ポイント)の目前まで値を戻している。仮に終値ベースで200日線を回復すれば、長期で見ても「売り一巡」のサインだ。なお、テクニカル面では2018年高値から2019年安値までの下げに対して3分の1戻しが2829ポイント、半値戻しが3011ポイント。200日線突破ならもう一段の戻り余地も想定される。

次ページ日本株も一段の出遅れ修正が期待できる?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。