話が面白くない人は「ある勘違い」をしている

素人お笑い評論家から脱却するためのコツ

世間では、お笑い芸人のような複雑なことを言いたがる人が多くいますが、普通の人は会話中に、「誰でも言える、単純でカンタンなことでよく笑っている」のです。この視点が足りないばかりに、どれだけ話を面白くしたいと思っていても、空回りして、スベる人になってしまっているのです。

なぜ、私がこのように思うのか。そのルーツは私自身の経験にあります。実は昔、かくいう私も、「素人お笑い評論家」のようになっていた時期がありました。お笑い芸人を志していた高校生の頃、当時の私は、一種のお笑いマニアのようになっていて、とがったことだけが面白いというポリシーを持っていました。

「とがったお笑い」を求めてアメリカ留学

もちろん、そんな素人お笑い評論家のネタがウケるはずはありません。しかし、何を思ったのか、その頃のスベっていた私は、「人を笑わせるために、もっととがらなくてはならない」と思い込んでいました。そこで、もっととがったお笑いを求めて、なんとか親を説得して、大学生としてアメリカに留学することにしたのです。

渡米した当初は、相変わらずで、あきらめて日本に帰ろうかと思ったこともありました。しかし、ちょうどその頃、「インプロ」というアドリブトーク術に出会ったのです。

「インプロ」とは、日本語に訳すと「即興力」。その場その場の状況に応じて、即興で場が盛り上がる会話ができるようになるコミュニケーションメソッドのことです。

そこで、私は、とても衝撃の体験をしました。それは、ただインプロのインストラクターが指示した通りに話しただけで、それを聞いていたアメリカ人が、突然笑い出したのです。しかも、正直に言って、話している私自身がそこまで面白いと思えない、とてもカンタンで、単純な、誰でも言えるような内容だったのです。

それにもかかわらず、周りの人がそれを聞くと「面白かった!」と言うのです。これは、とがったカッコいい笑いを追い求めてきた「素人お笑い評論家」の私にとって、本当に目からウロコの体験でした。この瞬間、「大半の人は、誰でも言える、単純でカンタンなことでよく笑う」という事実に気づいたのです。

次ページタモリのあの名言を思い出せ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。