ホテルオークラが別館跡地に「タワマン」検討

野村不動産が開発し、2024年度をメドに竣工

2021年度までに閉館し、タワーマンション建設が検討されているホテルオークラ東京別館(記者撮影)

再開発が進む東京でまた1つ、老舗のホテルが姿を消すことになりそうだ。

ホテルオークラは2月14日までに、現在運営中の「ホテルオークラ東京 別館」(以下、別館)を2021年度までに閉館し、2024年度をメドにタワーマンションやオフィスビルを開業する計画を検討していることを明らかにした。

「ホテルを入れる予定はない」

開発の主体は野村不動産。同社が東京都に提出した「(仮称)六本木一丁目計画」の環境アセスメント資料によれば、地上43階のタワマンと、同21階のオフィスビルを計画している。高さはそれぞれ180メートル、115メートルで、延べ床面積は合わせて11.1万平方メートルにのぼる。

2021年度に着工し、2024年度に竣工する計画だ。主要用途は住宅、事務所、店舗、駐車場となっており、ホテルは含まれていない。

ホテルオークラは「(別館のある場所の活用方法について)協議しているのは事実だが、確定していないのでコメントはできない」と話す。一方、野村不動産はマンションやオフィスを検討していることは事実としたうえで、「事業スキームなどは協議中だが、現時点でホテルを入れる予定はない」とした。

次ページ総工費1100億円で新本館を建設
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。