ホテルオークラが別館跡地に「タワマン」検討

野村不動産が開発し、2024年度をメドに竣工

ホテルオークラ東京は1962年に本館、1973年12月に別館が開業した。老朽化が進んだ本館は2015年8月末で閉館し、同じ場所で大規模な建て替えを進めている。

2019年9月に再開業を予定する「新本館」は、総工費1100億円。高さ188メートル(41階建て)、同75メートル(17階建て)の2つの高層ビルからなる。ホテルや大型の宴会場、レストラン以外にオフィスを備えている。

手前のビルが建築中のホテルオークラ東京新本館。奥が別館(記者撮影)

新本館は客室面積を広く取り、料金は1泊1室4.5万円~7万円超と、外資系の高級ホテル並みとする見通し。旧本館の平均客室単価が2013年には2万円程度、インバウンドが活況の現在でも別館が同3万円程度であることからすると、大幅な引き上げだ。さらに、客室数は旧本館の408室から、新本館では508室に増やす計画だ。

再開発の対象に含まれていない別館(388室)について、昨年6月の会見で荻田敏宏社長は「(別館について)2020年までの営業は続けるものの、中期的な方針は未定」と話していた。

閉館理由は開発費を賄うため?

オークラはここにきてなぜ、別館の閉館を決めたのか。老朽化した別館の運営から手を引き、大型化・高級化した新本館の運営に集中したい。あるいは、新本館の総工費が巨額なことから、少しでも資金を捻出したいという狙いがありそうだ。

オークラは別館の土地と建物を保有している。同社が土地を保有したまま計画を進めるのか。それとも野村不動産に売却するのかについて、両社とも「協議中」としている。

現在、虎ノ門周辺では大規模な再開発が進行している。森ビルは2014年に開業した「虎ノ門ヒルズ」(地上52階建て、高さ247メートル)の周辺に、新たに3棟の超高層ビルを計画。東京メトロ・神谷町駅周辺の港区虎ノ門5丁目~麻布台1丁目でも大規模な開発を進めている。

森トラストも2020年竣工予定の地上38階の「東京ワールドゲート」や赤坂2丁目に超高層ビルを計画中だ。超高層化が急速に進む虎ノ門エリアの今後に注目が集まる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT