アマゾン「売れているビジネス書」ランキング

4週連続で1位を獲得、「FACTFULNESS」が快調

『FACTFULNESS』が4週連続で1位を獲得しました(画像:zon / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、2月3日~9日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『FACTFULNESS』が4週連続1位に

今週(2月3日~9日)のランキングでは、『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP社)が4週連続で1位に輝いた。特別な要因はなく、安定して注文が集まっているという。

『FACTFULNESS』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には前週3位だった『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)がランクインした。アマゾンによると、1オーダーで複数冊購入している人がいたことが影響したという。

3位には前週ランク外だった『中小企業の新しい人材採用戦略「売り手市場」時代の人材獲得競争を生き残る!』(中川淳著、つた書房)がランクインした。「産経新聞」に掲載された効果が大きかった模様だという。

先週45位から5位に急上昇したのが、『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(新井紀子著、東洋経済新報社)だ。TBSテレビ「報道特集」で紹介され、注文が集まったという。

次ページ以降、200位までランキングを紹介する。「次に読む本」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。