ねとらぼ「月間1.8億PV」を生む現場の熱い裏側

漫画村の調査報道はいかにして生まれたのか

「三国志なら新君主」――報道出身者ゼロの「ねとらぼ」で、漫画村の調査報道はどう生まれたのか?(写真:news HACK by Yahoo!ニュース)
エンターテインメントからジャーナリズムまで、幅広いコンテンツを日々発信し続ける「ねとらぼ」。ネット上でその日に盛り上がっている旬の話題もあれば、綿密な調査に基づいた報道記事もあり、最近では「漫画村」問題に関する一連のコンテンツ(「二度と掛けてくるな」 “漫画村”広告主への取材一部始終、広告は取材後に消滅 など)が大きな話題を集めました。
個性豊かなライター陣を擁し、硬軟織り交ぜながら独特のポジションを築き上げた同メディアは、一体どのような体制で運営されているのでしょうか? 企画の立て方や調査報道の進め方、さらにはライターの採用基準まで、編集長の加藤亘さんにお話を聞きました。

月間1億8000万PV、記事数1000本の運営

――「ねとらぼ」では現在、どのくらいのペースで記事を配信していますか?

ねとらぼエンタ」「ねとらぼGirlSide」などの姉妹メディアを合わせて、月間およそ1000本。1日でいえば30本前後ですね。月間PVは今、1億8000万くらいまで伸びています。

本記事はnews HACK by Yahoo!ニュース(運営:ヤフー)の提供記事です

――独特の立ち位置を守りながら、気がつけば大手ネットメディアの一角に君臨している印象ですね。

確かに、「ねとらぼ」は明確な競合があまり存在せず、他のメディアと数字を競い合うポジションにはいないかもしれませんね。PVなどの数字を意識していないわけではないのですが、それよりも気持ちとしては、名だたるメディアさんの後方で、いつまでも“末っ子”根性で頑張るメディアでありたいという思いがあります。実際、社内でも後発のメディアで、今日までわりと好き勝手にやらせてもらってきた感がありますから(笑)。

次ページ記事にできないことも沢山ある
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。