米マイクロソフト新型Xbox販売好調

発売18日間で200万台突破、大半の店舗で品切れ

12月11日、米マイクロソフトは、「Xbox One」の販売台数が200万台を突破したと明らかにした。写真は製品を持ち上げる客。ニューヨークで11月撮影(2013年 ロイター/Lucas Jackson)

[サンフランシスコ 11日 ロイター] -米マイクロソフトは11日、新型ビデオゲーム機「Xbox One」の販売台数が、先月22日の売り出し開始から200万台を突破したと明らかにした。

発売から18日間で200万台を突破したことになる。

ソニー<6758.T>は先週、次世代家庭用ゲーム機「プレイステーション4(PS4)」の販売台数が15日間で210万台を超えたと明らかにしている。

マイクロソフトの広報担当者、デービッド・デニス氏は、前世代の「Xbox 360」よりも販売ペースが速く、大半の店舗で品切れ状態と説明する。

同氏は、休暇シーズン期間中、可能な限り製造ペースを高めていると話した。

人気記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • ビジネスパーソンのためのポケモンGO攻略法
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。