米マイクロソフト新型Xbox販売好調

発売18日間で200万台突破、大半の店舗で品切れ

12月11日、米マイクロソフトは、「Xbox One」の販売台数が200万台を突破したと明らかにした。写真は製品を持ち上げる客。ニューヨークで11月撮影(2013年 ロイター/Lucas Jackson)

[サンフランシスコ 11日 ロイター] -米マイクロソフトは11日、新型ビデオゲーム機「Xbox One」の販売台数が、先月22日の売り出し開始から200万台を突破したと明らかにした。

発売から18日間で200万台を突破したことになる。

ソニー<6758.T>は先週、次世代家庭用ゲーム機「プレイステーション4(PS4)」の販売台数が15日間で210万台を超えたと明らかにしている。

マイクロソフトの広報担当者、デービッド・デニス氏は、前世代の「Xbox 360」よりも販売ペースが速く、大半の店舗で品切れ状態と説明する。

同氏は、休暇シーズン期間中、可能な限り製造ペースを高めていると話した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT